「 見たもの、思うこと。 」 一覧

2018も靖国神社へ。

近所の駐車場も、だいたい8:00までは100円/1h。

このイライラ。この虚しさ。『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

安全地帯にいる人たちは「少女を犠牲にする決定」をしたことには苦しまず、「多くの人が憎むべきテロリストの犠牲になってしまったこと」で憎悪する方を選ぶのか。

シン・ゴジラ

ポリティカル・フィクションとしてのシン・ゴジラ

緊急の課題として今後の対応を検討する中、国平内閣副総理大臣兼外務大臣が「駆除でよろしいかと」、葉山経済産業大臣が「賛成ですね」と発言し、金井内閣府特命担当大臣(防災担当)と河野総務大臣が「私も駆除に同意します」と言い、「そうだろ!防衛省!」と振られた松本防衛省運用政策統括官が「えー、過去、有害鳥獣駆除を目的とした出動は幾度かありますが海自による東京湾内での火器の使用は前例もなく、なんとも…」と顔を曇らせ、柳原国土交通大臣が「まぁまぁ、ことを荒立てず、穏便に追い出せないのか」と楽観論を出し、菊川環境大臣が「総理。各学会と環境保護団体が、貴重な新生物として捕獲・調査を提言しています。定置網を至急湾内に用意して欲しいそうです」と言い出します。金井内閣府特命担当大臣(防災担当)は「いや、ここは駆除だ。魚雷とか使えばすぐ済むだろ」と水を向けるとそれを受けた花森防衛大臣は「お気持ちはわかりますがここは、火器使用も含め本省に検討の時間をいただきたい」と強めに返します。それに便乗するように関口文部科学大臣が「私からも是非とも捕獲を視野に入れた検討を願います」という発言があります。

馬を素手で捕まえるだと!?「野馬懸」。(写真31・動画4)

昔、野馬を捕まえる時もそうだったんでしょうね。
今回は「ホワイト・グレー・ブラック」ってiPhoneの色みたいな色分けでわかりやすくしてくれてるんでしょうけど、昔の馬なんて群れでいたら、どれに目星をつけていいかわからなくなるんで、目印つけたんでしょう。その名残っぽい。

事実は事実。『大航海時代の日本人奴隷』

変わった日本人が記録されたものです。
「魔女」として。
「呪術師」として。
まじないや占いが得意だった人がいて、記録に残ってるんですね。

なんだろうこの怖さ。『特別展「縄文-1万年の美の鼓動」』

ほれ、お前ら、粘土やろう、って投げてもらって、土くれをこねくり回して「ほら!できた!おっさん!!!!」とか言ってふざけて作ったような。

海街diary

生活と、死と。『海街diary』

それぞれにうまくいかなかったりそれぞれに優しい存在を見つけ出したり、だけどそれぞれが、どんなハッピーエンドがあっても本当の日常にはBGMなんか無いしエンドロールもないし、なんの区切りもなく続いていくわけで、その虚しさまたは儚さ、儚いがゆえの大切さ、というようなものをじんわりを感じさせてくれる。

映画に見る、昔のタバコの常識と「おっさんづくり」

診察室で、レントゲン写真を持っている医者(一宮)が、もうすでにつけたタバコを手に持っている。

京都で観れた、『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』

そしてそれを、半ば「へえ〜ほぉ〜そうなんだ」と、他人事のように感心して聴いている鋤田氏。

理詰め&BLUES +〜おさらい・日本オカルト大全〜

「基本のキ」を網羅し的確にポイントを捉えた、教科書的な一冊、まさに一家に一冊。

あれは「ユニバース」だったのか!!!

スターが勢ぞろいした(だけの)集合写真まである。

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~

安室奈美恵だけが持つ魅力とは、なにか。

春の空気に虹をかけ

あれを批判する人がいるんですねえ、小学校行ってた!?

MIRACLE GLITTER

TRICERATOPS “MIRACLE GLITTER TOUR “ Zepp DiverCity TOKYO

子供のころに肌身離さず抱いてたヌイグルミを、裁縫のウデを磨いてプロになった自分が、記憶をたどって改めて縫って作ってみた、みたいな「愛」、みたいなやつ。わかりにくいですかね。

実は行ってた「平将門公像」(画像23枚)

あの大僧正と同じだ!!!

平将門を祀る場所、へ来た。(写真40枚)

とにかく「最強の武将にも弱点があり、かなりの偶然さえなければ、負けることはなかったんだ!」という気持ちが込められているような、そんな気がしますね。

岐(わか)れ道、に来た。

外国人観光客「kamakura good!!」

『日本再興戦略』の第4章を、ジジババに投げつけよう

この講演を聴いてからこの本、『日本再興戦略』を読むと、彼の喋り方で脳内再生されるので、意外と早く読み終われますw

究極の怨霊、その続き。

そしてやはり問題は、「なぜ日本人は、そう考えるのか」なんですよ。

どっちが野蛮人か。『バーバリアンズ・ライジング ~ローマ帝国に反逆した戦士たち~』

いわゆる「多民族なんか絶滅させてもどーってことない」っていうその恐ろしさは、理解できない部分がやっぱりありますよね。

どう考えてもおかしいルール。

…というかちょっとでも軽くしたいんだからまずヒゲを剃れヒゲを!!!

芸術は誰のものぞ!?『黄金のアデーレ 名画の帰還』

もはや、全ての元凶はナチス。

10万個の子宮

HANSとはなんぞや?『10万個の子宮』。

厚生労働省はとりあえず早く、定期接種すべきワクチンでありながら「勧奨しているワクチンの積極的勧奨は行わない」というわけのわからない状態を改善すべきだし、そうでないならそうでない理由を、はっきり全国民に示すべきだ、ということですね。

KYOSUKE HIMURO THE COMPLETE FILM OF LAST GIGS

開演前に「前半、抑えめに…大丈夫だよ…」と呟いているシーンが、すごく印象的でした。

さらに、Valentine’s Dayに寄せて。

「From My Cold, Dead Hands!」

金沢シャッターガール

なんだあの疾走感と切迫感。『金沢シャッターガール』。

隕石でも落ちてきたり都会の男子高校生と入れ替わったりすればイベントなんだけど、実際はその1万分の1の出来事も起こらない。

差別は、誰がどうやって作るのか。『イノサン』。

それはなぜか。「死穢に触れる仕事」だからです。

いぬやしきについて書くわ

あの技術は、もう、「進んでいる」というようなレベルではない気がします。

今さらながら「キングダム」ぜんぶ読んだム。

もう、「コロシアイ、ウラミアイ」の歴史、なんですよ、4000年。

【ガキ使】アメリカンポリスは差別でパワハラでイジメだったぜ!

このタイキックを受けたら彼女は、今後、あの「ゲス不倫騒動」を「このタイキック込み」で語れるんです。笑いを取りながら、話せるんです。それが、今後の彼女の活動に、どれだけの福音となるか。

ONE-NIGHT PREVIEW 1212

BOØWY 1224 THE ORIGINAL

「あれ?これ、解散マジじゃねえか??」という確信が、会場のファンには湧いてきたのだと思います。しかも歌ってるヒムロックの様子が、どうもおかしい。声に、想いがこもりすぎている。姿に、万感こみ上げる様子が出過ぎている。やばい、これはやばいぞ…と、みんなが思い始めても仕方がない様子になっている。

お笑い短歌道場

お笑い短歌道場がやって来た!!

あの中に我々と同じ機能の内臓がぜんぶおさまってるとは到底思えないんですよね…でもあんまりジロジロ見るのは、禁止ですw

畠山義就

人の世むなし?何が起こった『応仁の乱』。

とにかくこの乱で、「何この人、もっとマンガとか、物語の主人公クラスなのにあまりに無名じゃないか??」と思う人が一人、います。

『ローマ人の物語』を読み終えて。

今さらながら塩野七生先生にはお疲れ様でしたそしてありがとうございましたと言いたいです。

悪魔を憐れむ歌

なぜ、憐れむ必要が?『悪魔を憐れむ歌』。

ジョン・グッドマンが素晴らしい。
まるでディズニーのキャラクターのようだw

知ろうとすること。

シロウト、だからこそ。『知ろうとすること。』

東京大学の、専門家の先生で(もちろん仕事場は東京にある)、福島まで何度も何度も通っているような人がいるのに、なんでアンタごときがそんなとこへ逃げて「安全だ。」みたいな顔してるのか、よくわからんよww

7時間の生放送をほんとにやるという暴挙。

というか、俺が関わってるんだから面白くないわけないだろうが。

ポンペイ

あっ!なにも知らないジョン・スノウ、が出てる!『ポンペイ』。

すごい早さで、猛毒ガスが吹きすさぶ。多分、あんなに喋ってる時間はない。予兆の地震はかなりあったはずなんですが、みんな逃げなかったんですね。セリフにあった通り「この世の終わり」だと感じるのも当然です。

三度目の殺人

えーっと、何度目の殺人?『三度目の殺人』。

その意味では「すごいおっさんは、本当に顔がすごい」と、本物の役者のアップの凄みを改めて感じたのでした。

福山雅治

「三度目の殺人」の評判がすごすぎる

考えざるを得ない示唆をいただき、ありがとうございます。

アド・アストラ

大地を揺るがす天才の激突。『アド・アストラ』。

キリスト教が生まれるまだ、はるか以前。

そんな総括でいいの!?『ボクたちはみんな大人になれなかった』。

どうしてくれるんだ。

ジョジョ展2017その7【原画展編】

漫画の内容は犯罪の、血なまぐさい話だったりしますが、なぜかそれが、うまく浄化というか昇華というか、楽しみの結晶になっていて、まるで美しい絵画展を見に来ているような、アートな気分にさせてくれます。

ジョジョ展2017その6【パン編】

何個パン食うんじゃわし。他のグルメをぜんぜん堪能せずにパン類を責め続ける私。

ジョジョ展2017その5【カメユーマーケット編】

いろいろ事情があるんでしょう。
それを「あげてるヤツいねが〜」と確認もしてないですけどね。

ジョジョ展2017その4【ジョジョフェスカフェ編】

そう、おれは「お前はパンを食う」パンを食う。

ジョジョ展2017その3【OWSON編】

さらに、なぜか「からあげクン」をかうと、「OWSONステッカー」をくれますw

ジョジョ展2017その2【マンホールコンプリート編】

あの感じ…あの遊園地の感じ…見たことあるぞ…夢の中で…。

なんだッ!腕にッ「BABY」ッッ!!!????

ジョジョ展2017その1【概要編】

ジョジョ展2017その1【概要編】

これが「モスクワで開催」とかだとネガティビティに負けていたでしょう。

イケメン戦国

イケメン戦国。実際は?

先生、教えてないというより教え方知らないんじゃないですかね。

書いてる人


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031