見たもの、思うこと。

ギター殺人者の凱旋はなぜにそんなタイトルになったのか

ブロウ・バイ・ブロウ ギター殺人者の凱旋[ジェフ・ベック][LP盤]

ずーっと、なんなんだと、思ってました。

この邦題に、です。

「BLOW BY BLOW」の直訳ではないことは、一見してわかりますよね。

なんで

BLOW BY BLOWというのは、「極めて詳細な…」という時に使われる表現だそうです。

a blow-by‐blow account of music

【音楽の極めて詳細な説明】

みたいな感じで。

そうなると、この「ギター殺人者の凱旋」というタイトルはどこからひねり出てきたものなのだ!ということになりますね。

故・フレディ・マーキュリーのソロ「Man made paradise」という曲は邦題「男のパラダイス」。おお、そうか、そうなのか。それでいいのか。

この場合の「MAN」て「人間が」っていうニュアンスじゃないのかな…まぁいいか。

どちらにしても、どこか、英語の雰囲気をいただいて、そこから邦題に…っていうパターンはまだ、許容できる気がします。

 

しかしジェフ・ベックのこのアルバムには「ギター」も「凱旋」も「殺人」も出てこない。インストだし。

ちなみにこのアルバムは、ベック・ボガート & アピス(通称BBA)というバンドを解散した直後の1975年に発表され、ギタリスト・ジェフがまたソロになった!という意味では「ギター」と「凱旋」は当時の雰囲気としては正しいようなんですね。

問題は「殺人者」ですよね。

もう、ジェフベックのギターでオイラ、ぶっ殺されたようなもんさ!っていう、スラング的な意味合いでの殺人者、なんでしょうか。

だいたい「ギター殺人者」っていう日本語がおかしい。「底抜け一等兵」とか「兵隊やくざ」のノリですよねこの命名って。

「ギターヒーローの凱旋」なら惹句としては正しい気がするんですが、日本版アルバムを見る限り、「ギター殺人者の凱旋」は、サブタイトルになっている。

 

謎なタイトルですね。

検索していると、「これは発売当時のイギリスでの宣伝文句なんだ」という情報を見つけました。宣伝用ポスターに、コピーとして書かれていたそうです。

Return Of The Axe Murderer

と。

ジ・アックス・マーダラー?
なにそれ。

これって、ジェフベックの海賊版につけられてたりするそうで、もしかするとマイケル・ジャクソンでいう「KING OF POP」とかそういう、この言葉といえばこの人、みたいなコピーだったのかも知れませんね…。

で、アックス・マーダラーっていうのはなんだ?っていうことになるわけですけど、

アックスは「斧」ですね。
ギターのことを「斧」と表現することがあるそうです。
確かに持つところがネックで、刃が…っていう。
なんとなくすぐに思い浮かぶのは「手斧」って感じだけど「バトル・アックス(戦斧)って言われると確かに、ギターに似てる…かな…。

こういうのも、今はあるけどさ。

なので「アックス・マーダー」は「ギターを持った殺人者」とかっていうニュアンスになるんでしょう。それが、「凱旋」したと。

 

だから「ギター殺人者の凱旋」になる…。

いやぁ、「それにしても」「だからと言って」、つけるなよw!とは思いますねやはり。

内容を聴いたら、そんなニュアンスは微塵もない。
ギターの神様による、まさにフレーズの嵐。

苦心の末に「つけなきゃならない」邦題の、考案者の懊悩が感じられるサブタイトル、ですね。

 

 

 


2017年のライブ↑

 

 

読ませていただきました( ̄∀ ̄)1

どうでもいい話:「ギター殺人者の凱旋」の由来はこれ?
http://blog.livedoor.jp/whats_my_scene/archives/51002376.html

“Blow by Blow/Jeff Beck”(第2回)
https://blogs.yahoo.co.jp/rikasana2000/1164343.html

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『日本再興戦略』の第4章を、ジジババに投げつけよう

この講演を聴いてからこの本、『日本再興戦略』を読むと、彼の喋り方で脳内再生されるので、意外と早く読み終われますw

Midnight in Paris

ありそうでない夜。「ミッドナイト・イン・パリ」。

主人公の妄想、っていう感じがぜんぜんしない、ほんとに不思議な映画です。

KYOSUKE HIMURO THE COMPLETE FILM OF LAST GIGS

開演前に「前半、抑えめに…大丈夫だよ…」と呟いているシーンが、すごく印象的でした。

一皮ムケた、ヒツジの皮をかぶったオオカミ

子供の頃、噂になったことの一つに「外人は子供でもムケとるらしいぞ」というものがありました。

DINOSAUR ROCK’N ROLL 7(写真なし)

…そういえば、SGは登場しませんでしたね…。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031