見たもの、思うこと。

映画に見る、昔のタバコの常識と「おっさんづくり」

ここのところ、連続して昔の映画をAmazonプライムで観てるんですが、さすが昔。

見た映画は、こちらです。

ファルコン
ファルコン (字幕版)

砂の器
砂の器 デジタルリマスター版

やくざ戦争 日本の首領
やくざ戦争 日本の首領

 

もう、すごいんです。

 

みんな、おっさん、ずーっとタバコ吸ってるw

おっさんと言っても、実はあんまりおっさんじゃないんですよね。

昔の俳優さんや歌手の、「おっさんづくり」というか、現代は自分も含めてけっこう「若作り」が当たり前というか、そういう風潮ありますよね。

昔は違った。
おっさんの貫禄を出すのがかっこいい、ということだったんでしょうか。

例えば。

私たちが持っている「石原裕次郎」のイメージはこれ。

この曲って1977年の発売なんだそうです。
石原さんは1934年生まれなので、なんとこの時43歳。驚愕の43歳。まじか。

いや、私、いまだにブランデーなんかほとんど飲んだことないけどw!??!

歌詞の世界観も、今の日本の43歳にそんな生活ある!?っていうくらいムーディ。
うん、そういう時代、だったとしか推測できないけれど。

 

おそらく、あの頃は「若い人の方が多かった」んですよ。

つまり「こんな若造が貫禄つけたフリしやがって!」という世代の方が少なかった。

そう、「かっこいい大人」に憧れる若者の方が、多かったはずなんです。

 

たとえば65歳以上の高齢者人口、という視点で見てもみると…

内閣府のPDF「高齢化の状況」より抜粋
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2009/zenbun/pdf/1s1s_1.pdf

 

いわゆる「団塊の世代」というのは昭和1947~1949年に生まれた人らのことを言うわけですが、確かに「ブランデーグラス」の1977年ごろ、65歳以上の人は880万人くらいしかいなかった。それが2035年には3人に1人が高齢者となる。

そういう時代ですので、今、40代以上の人が若作り(20〜30代に見えるような格好)をし、40年ほど前の40代が、「おっさん作り(老けた貫禄を出す)」を目指すのは、当然の流れなのかも知れません。

 

つまり「かっこいい」とか「憧れ」は、常に「少数派である方」を目指す、ということなのかも。

これは健康にも言えるのではないかと推察されます。

60年代〜70年代、まだ科学的にタバコの害はエビデンスが揃っていなかった、とはいえ「タバコの吸いすぎで肺がんに」くらいは言われていたでしょうし、タバコが「健康増進薬」でなかったことは確かでしょう。

そんな中、「若くて力強いからこそ吸う!」のがタバコであって、「男らしさの象徴!」「仕事に集中している証拠!」「貫禄と男臭さのシンボル!」として使われていたフシがある。

一番上の「ファルコン」はイタリア・シチリアマフィアと闘う実在の検事のお話なんですが、いやそんな書類だらけの部屋でチェーン・スモーキング、火事のリスク高すぎるぞ、っていうくらいずっと吸ってます。

その下の「砂の器」、邦画の金字塔として輝く松本清張原作の名作なんですが、やはり時代。丹波哲郎、駅のホームだろうがどこだろうがずーっとタバコ吸ってる。つけたマッチ、おいおいその後ぽいっとホームに捨てたよな!?みたいな。気になるw

 

そして「やくざ戦争 日本の首領」
この映画にはなかなか衝撃的なシーンがありましたよ。

山口組三代目をモチーフにしたこの映画、大親分である佐倉一誠(佐分利信)が、身体の検査をして、その結果を娘婿であり医者である一宮(高橋悦史)のところへ聞きにくる、というシーンなんですが…。

診察室で、レントゲン写真を持っている医者(一宮)が、もうすでに火をつけたタバコを手に持っている。

医者が診察室でタバコ吸いながら診察する、なんて、昔はほんとにあったんでしょうかね。

そして、検査を終えてその結果を知った佐倉(佐分利)が、タバコを持ったままガッツポーズしながら診察室へ入ってくる…。

なんで?
お前ら病院でくらい、そんな時くらい、タバコ置きなさいよ…。

禁煙とか受動喫煙とかいう観点とかじゃなくて、どうしてそんなにのべつ幕無しタバコ吸ってんの??と不思議です。

これもひょっとして「立派な大人である」というメタファーなんでしょうか…。

高橋悦史さんは1935年生まれ。石原裕次郎と同世代ですね。この「やくざ戦争 日本の首領」の公開は1977年。

往年の大スター・佐分利信さんは1909年生まれ。佐分利さんは70前なので良いとして、高橋さんはこの時点で「ブランデーグラス」と同じ、42〜3歳くらいということに…。

ファッション、ロケで映る自動車、「ああ、そういえばそんな感じだったのをおぼろげに知ってるような…」という世代である私も、子供の頃、タバコを吸ってる大人たちに関しては注意して見てなかったですから、映画を通して「そんなにずっと吸ってる…!?」というくらいに当たり前だったのか、と驚いています。

まるで、「カチューシャをずっとつけてる」レベルだなぁw、と、思ってしまいました。

そういえばうちの母が「昔は会議なんかすると男性全員喫煙なので、服もカバンも、ものすごくくさくなってて参った」と言ってました。

でも誰も文句も言わないし、当たり前のこととして喫煙は、受け入れられてたんですね。なにせカチューシャとか絆創膏、くらいの自然な行為だったんですから。

今ならアイコス?電子タバコ?
じょーだんじゃねーですぜ、中毒という意味では、そして受動喫煙で周りに害をまき散らしてるという意味では、同じですよ。

なんにもクリーンでもなんでもないですよ。

 

早くあらゆる全店舗、屋内禁煙に、法律でならないかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アド・アストラ

大地を揺るがす天才の激突。『アド・アストラ』。

キリスト教が生まれるまだ、はるか以前。

ドトールで作業がトドコールことはない。

多少、雑音が周りにある方が、本を読むには良い。

海街diary

生活と、死と。『海街diary』

それぞれにうまくいかなかったりそれぞれに優しい存在を見つけ出したり、だけどそれぞれが、どんなハッピーエンドがあっても本当の日常にはBGMなんか無いしエンドロールもないし、なんの区切りもなく続いていくわけで、その虚しさまたは儚さ、儚いがゆえの大切さ、というようなものをじんわりを感じさせてくれる。

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~

安室奈美恵だけが持つ魅力とは、なにか。

ネットのせいで世の中がどうなる、とかって本当にあるのか?

実は政治的・思想的なことでは「丸くなった石は最下流まで流され、川底に沈殿し、もう、そこから動くことはない」と例えることができるかも。

TOXICblogバナー

TOXICblogバナー
書いてる人


2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31