見たもの、思うこと。

揺るぎなき美学と挑戦

投稿日:

 

氷室京介展
ー揺るぎなき美学と挑戦ー
https://himuro-lx.com/

2020年9月〜10月に大阪で開催されているイベント。

行ってまいりました。

数々の軌跡と、ステージを去るに至る経緯、そして田家秀樹氏の文章が読める展示は、微に入り細を穿つ(これって良い表現なのか)、ファンを満足させるに充分なボリュームでした。

それに加え、本人蔵であろうアクセサリーや、歴代の衣装も。

あの、「SHAKE THE FAKE」ツアーの舞台転換で、脱げなくなってハサミでザクザク切り刻んだという、クロムハーツのレザージャケットも展示されていました。

ちゃんと修復されており、「こうなってるのか!」と声が出そうになりましたよ。

直筆の歌詞。
松井五郎氏の歌詞。

貴重なものばかりでした。
東京に巡回してきたら、また行くことになるなこりゃ。

最後の最後、ここは撮影許可エリアなのですが…。

中央に飾ってあるのはCD。
アルバム…?を…?ニューの…??

思わせぶりな示唆と、輝くシルエット。

チケットは2,500円。
こちらから。
チケットぴあ

 

奈良の、こっちも行ってきた。

 

 

 

「KISS ME」が入ってた。







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

第一作目の「ゴジラ」がめちゃくちゃ面白い件

宝田明がめちゃくちゃにカッコイイ。

ギター殺人者の凱旋はなぜにそんなタイトルになったのか

だいたい「ギター殺人者」っていう日本語がおかしい。「底抜け一等兵」とか「兵隊やくざ」のノリですよねこの命名って。

今さらながら「キングダム」ぜんぶ読んだム。

そう言えば印象的なエピソード、ありましたよね。
作者の原泰久先生が連載当初、人気の低迷で掲載場所も後半に滞りがちなキングダムについて、「スラムダンク」「バガボンド」の井上雄彦先生にアドバイスを求めたと。「この人気のなさはどうしたらいいんでしょうか」と正直に聞いたと。

そんな総括でいいの!?『ボクたちはみんな大人になれなかった』。

どうしてくれるんだ。

ポンペイ

あっ!なにも知らないジョン・スノウ、が出てる!『ポンペイ』。

すごい早さで、猛毒ガスが吹きすさぶ。多分、あんなに喋ってる時間はない。

徳ちゃんねる

徳ちゃんねる

■TRANSLATE

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■newアルバム「ATLAS」

■newアルバム「ATLAS」

master of none

master of none

DUPING DELIGHT」

DUPING DELIGHT」

BE LIKE HIM

BE LIKE HIM

■ANNIHILATION(YouTube)↓

★GOLDEN RULES★(24時間稼働中)↓

★GOLDEN RULES★(24時間稼働中)↓



afbロゴ