見たもの、思うこと。

揺るぎなき美学と挑戦

 

氷室京介展
ー揺るぎなき美学と挑戦ー
https://himuro-lx.com/

2020年9月〜10月に大阪で開催されているイベント。

行ってまいりました。

数々の軌跡と、ステージを去るに至る経緯、そして田家秀樹氏の文章が読める展示は、微に入り細を穿つ(これって良い表現なのか)、ファンを満足させるに充分なボリュームでした。

それに加え、本人蔵であろうアクセサリーや、歴代の衣装も。

あの、「SHAKE THE FAKE」ツアーの舞台転換で、脱げなくなってハサミでザクザク切り刻んだという、クロムハーツのレザージャケットも展示されていました。

ちゃんと修復されており、「こうなってるのか!」と声が出そうになりましたよ。

直筆の歌詞。
松井五郎氏の歌詞。

貴重なものばかりでした。
東京に巡回してきたら、また行くことになるなこりゃ。

最後の最後、ここは撮影許可エリアなのですが…。

中央に飾ってあるのはCD。
アルバム…?を…?ニューの…??

思わせぶりな示唆と、輝くシルエット。

チケットは2,500円。
こちらから。
チケットぴあ

 

奈良の、こっちも行ってきた。

 

 

 

「KISS ME」が入ってた。







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アクアマンは海水を飲んでいるか

アトランティス人たち、真水ってどうやって確保してるんだろう…。

境界カメラ

境界カメラ(ニコ生)てなに

激しい既視感に襲われる可能性もありますが、なんだかおもしろそうでしょう?

モザイク

これは何だ?→あれを立てるためのモノだった

何なんだろうこの、独立した感じ。

第一作目の「ゴジラ」がめちゃくちゃ面白い件

宝田明が鬼カッコイイ!!!

ONE-NIGHT PREVIEW 1212

BOØWY 1224 THE ORIGINAL

「あれ?これ、解散マジじゃねえか??」という確信が、会場のファンには湧いてきたのだと思います。しかも歌ってるヒムロックの様子が、どうもおかしい。声に、想いがこもりすぎている。姿に、万感こみ上げる様子が出過ぎている。やばい、これはやばいぞ…と、みんなが思い始めても仕方がない様子になっている。



書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031