見たもの、思うこと。

揺るぎなき美学と挑戦

 

氷室京介展
ー揺るぎなき美学と挑戦ー
https://himuro-lx.com/

2020年9月〜10月に大阪で開催されているイベント。

行ってまいりました。

数々の軌跡と、ステージを去るに至る経緯、そして田家秀樹氏の文章が読める展示は、微に入り細を穿つ(これって良い表現なのか)、ファンを満足させるに充分なボリュームでした。

それに加え、本人蔵であろうアクセサリーや、歴代の衣装も。

あの、「SHAKE THE FAKE」ツアーの舞台転換で、脱げなくなってハサミでザクザク切り刻んだという、クロムハーツのレザージャケットも展示されていました。

ちゃんと修復されており、「こうなってるのか!」と声が出そうになりましたよ。

直筆の歌詞。
松井五郎氏の歌詞。

貴重なものばかりでした。
東京に巡回してきたら、また行くことになるなこりゃ。

最後の最後、ここは撮影許可エリアなのですが…。

中央に飾ってあるのはCD。
アルバム…?を…?ニューの…??

思わせぶりな示唆と、輝くシルエット。

チケットは2,500円。
こちらから。
チケットぴあ

 

奈良の、こっちも行ってきた。

 

 

 

「KISS ME」が入ってた。







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

プレデター進捗 その3、と忍者

経済の凋落とは、こうして地味に、SFの設定にも滲んでしまうものなのか…。

プレデター進捗 その2〜エイリアンの不可解〜

観ていて何度も「いやいや、だから…殺すなよ…」って、つぶやいてしまいました。

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエからベン・ハーへの逆行

テルマエを通して、文化を理解するスピードがとてつもない主人公。

プレデター進捗 その4〜そして約束の地へ〜

だいたい、それもはるか未来設定(2379年)の「エイリアン4」では、目に見えて失敗してるわけだし…。

プレデター進捗

同じようなことを言うようですけど、プレデター側にはその叡智は受け継がれてないのかよ…と愕然となりますね。



書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031