「 文学 」 一覧

『僕もアメリカを歌う』 338/365

ラングストン・ヒューズの1926年に発表された詩。

レフ・トルストイ 331/365

彼はロシアの貴族の家系に生まれた。

『ソネット18番』 324/365

「ソネット18番」は美しさとはかなさ、芸術が持つ不朽の力を表現している。

ロマン主義 317/365

伝統と因習を否定し、個人の自由を優先させた。

『これは世界に宛てた私の手紙』 310/365

ディキンソンは1700編以上の詩を書いたが、生前に発表したのは、そのうちのわずか7編だった。

メタフィクション 303/365

「メタ」とは、ギリシャ語で「後の」「超越した」を意味する接頭語である。

オスカー・ワイルド 296/365

税関職員に、「私が申告するものは、我が才能のみだ」と告げたという。

『ゴドーを待ちながら』 289/365

不条理演劇の嚆矢とされる。

『ボヴァリー夫人』 282/365

ギュスターヴ・フローベールの問題作。

『ハックルベリー・フィンの冒険』 275/365

マーク・トウェインの小説。

『ロリータ』 268/365

彼が英語で書いたこの物語は、アメリカでは出版社が見つからず、結局フランスで出版された。

フョードル・ドストエフスキー 261/365

皇帝の特赦によって死刑直前で赦された彼だが、精神的に消せない傷を残した。

ウィリアム・シェイクスピア 254/365

彼が劇中に書いた表現が、そのまま日常で現在も使われている例が多くある。

テネシー・ウィリアムズ 247/365

本名はトマス・ラニーア・ウィリアムズという。

『吠える』 240/365

時代に対し、激しい非難を浴びせ続ける彼の言葉は、出版直後に発禁処分を受けるにじゅうぶんなものだった。

『見えない人間』 233/365

彼は地下に潜り、自分の人生について書く。

マルセル・プルースト 226/365

その後、多くの作家たちがその考えを深めることに挑戦している。

『荒地』 219/365

西洋で戦後に生まれた恐怖・人間疎外・幻滅のすべてが凝縮されている、と評される。

ヘンリー・ジェイムズ 212/365

彼は心理小説の先駆者、と呼ばれている。

チャールズ・ディケンズ 205/365

ディケンズは多作で知られる。

ウェルト・ホイットマン 198/365

1892年、最終的な決定版になった最後の改訂版は「臨終版」と呼ばれる。

『緋文字』 191/365

これは姦通(adultery)を示す、懲罰的な印だった。

『選ばれなかった道』 184/365

この詩の作者ロバート・フロストは、見抜いていた。

『白鯨』 177/365

白鯨が何を意味するのかは、今でも議論されている。

ヴァージニア・ウルフ 170/365

彼女は第一次世界大戦の残虐性に衝撃を受け、19世紀から続く写実的な文学の原理では、戦後の世界を描くことはできないと断じた。

アントン・チェーホフ 163/365

1896年の「かもめ」初演は散々だった。

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

『すばらしい新世界』 149/365

小説のタイトルは、「テンペスト」から取られている。

ポストモダニズム 142/365

ポストモダニズム文学における様々な挑戦は今も続いており、まだ終わっていないと考えられている。

『カンディード』 135/365

ヴォルテールの交友関係は広い。

『高慢と偏見』 128/365

彼女が描いた人物たちの描写は、それまでの小説と違って生き生きと人間の生を感じさせた。

サルマン・ラシュディ 121/365

現在は無神論者だと言われている。

『ベーオウルフ』 114/365

8世紀ごろ完成したと言われているが、作者は未詳である。

『神曲』 107/365

「Lasciate ogne speranza , voi ch’intrate」。

『カンタベリー物語』100/365

なんらかの理由でそれが、24にとどまることになった。

『ドン・キホーテ』 093/365

聖書に次ぐ、史上第二位の印刷総部数を誇る小説。

ジョン・スタインベック 086/365

大恐慌時代のアメリカの、多くの人たちの心をつかんだ。

『グレート・ギャッツビー』 079/365

彼はこのタイトルにするのに何ヶ月も悩んでいたという。

ウィリアム・フォークナー 072/365

架空の場所、ミシシッピ州ヨクナパトーファ州が物語の舞台として出てくるため、彼の一連の作品は「ヨクナパトーファ・サーガ」とも呼ばれている。

『オジマンディアス』 065/365

我が名はオジマンディアス、王の中の王。汝ら強き諸侯よ、我が偉業を見よ。そして絶望せよ!

ガブリエル・ガルシア=マルケス 058/365

当たり前のように感じるからリアリズム、ということで、登場人物たちは、現実には起こりえない魔的な現象に、何も言わない。

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

モダニズム 044/365

神がすべてを説明してくれると信じられていた時代から、世界にはわからないことだらけなのだ、という時代に進み、そのおかげで科学は発達してきた。

『闇の奥』 37/365

ジョーゼフ・コンラッドの小説。

ホメロス 030/365

「アキレス腱」に、「アキレスの身体にある腱」以上の意味を持たせたのは、ホメロスなのである。

『失楽園』 023/365

「俺も、まさにそう言ったのさ」。

ハーレム・ルネサンス 016/365

アメリカを構成する一つの重要な要素としての、アフリカン・アメリカンの矜持が示された。

アーネスト・ヘミングウェイ 009/365

「老人と海」(1952年)を決め手として、ノーベル文学賞を受賞。

『ユリシーズ』 002/365

だからこそ、溢れ出る感情を正直に叙述すれば、こうなるのである。

書いてる人



2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031