「 文学 」 一覧

オスカー・ワイルド 296/365

税関職員に、「私が申告するものは、我が才能のみだ」と告げたという。

『ゴドーを待ちながら』 289/365

不条理演劇の嚆矢とされる。

『ボヴァリー夫人』 282/365

ギュスターヴ・フローベールの問題作。

『ハックルベリー・フィンの冒険』 275/365

マーク・トウェインの小説。

『ロリータ』 268/365

彼が英語で書いたこの物語は、アメリカでは出版社が見つからず、結局フランスで出版された。

フョードル・ドストエフスキー 261/365

皇帝の特赦によって死刑直前で赦された彼だが、精神的に消せない傷を残した。

ウィリアム・シェイクスピア 254/365

彼が劇中に書いた表現が、そのまま日常で現在も使われている例が多くある。

テネシー・ウィリアムズ 247/365

本名はトマス・ラニーア・ウィリアムズという。

『吠える』 240/365

時代に対し、激しい非難を浴びせ続ける彼の言葉は、出版直後に発禁処分を受けるにじゅうぶんなものだった。

『見えない人間』 233/365

彼は地下に潜り、自分の人生について書く。

マルセル・プルースト 226/365

その後、多くの作家たちがその考えを深めることに挑戦している。

アントン・チェーホフ 163/365

1896年の「かもめ」初演は散々だった。



書いてる人

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031