「 視覚芸術 」 一覧

『叫び』 290/365

中央の人物はムンク本人である。

表現主義 283/365

自然主義を意図的に拒否した芸術家たちによって始められた運動。

『グランド・ジャット島』 276/365

彼は構想から完成まで、59枚もの素描を描いた。

『星月夜』 269/365

ゴッホは1889年6月19日の夜、サン=レミの精神病院で、これを描いた。

フィンセント・ファン・ゴッホ 262/365

彼は1890年、自分の胸を銃で撃ち、亡くなった。

ポール・ゴーギャン 255/365

静かで生活費のかからない暮らしを望み、各地を転々とした最後の地がそこだった。

後期印象派 248/365

彼らは印象派の画家たちと違い、孤独を愛し、単独で行動する傾向があった。

メアリー・カサット 241/365

彼女は女性をモチーフに描き、女性そのものの社会的な権利向上に貢献した。

オーギュスト・ルノワール 234/365

「神々の楽園としての地上世界。それを私は描きたいのだ」とルノワールは言った。

クロード・モネ 227/365

ジヴェルニーの彼の自宅には、今もたくさんの観光客が訪れる。

『考える人』 220/365

膝よりも腕や頭、上体が前に出ているのはそのためである。

印象派 185/365

独自の芸術集団に対する蔑称として「印象派」という言葉は生まれた。

『真珠の耳飾りの少女』 143/365

目と口に、わずかに塗られた白とピンク。



書いてる人

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031