見たもの、思うこと。

KYOSUKE HIMURO THE COMPLETE FILM OF LAST GIGS

投稿日:2018年2月17日 更新日:

KYOSUKE HIMURO THE COMPLETE FILM OF LAST GIGS(DVD)

ドキュメンタリーを含めた、「最後のライブ」DVD。

2016年5月23日の東京ドーム最終公演に絞った、「全体がドキュメント」と言っても良い内容です。

もう2年も経つの…??

1. DREAMIN’
2. RUNAWAY TRAIN
3. BLUE VACATION
4. TO THE HIGHWAY
5. BABY ACTION
6. ROUGE OF GRAY
7. WELCOME TO THE TWILIGHT
8. MISS MYSTERY LADY
9. “16″
10. IF YOU WANT
11. LOVER’S DAY
12. CLOUDY HEART
13. LOVE & GAME
14. PARACHUTE
15. BANG THE BEAT
16. WARRIORS
17. NATIVE STRANGER
18. ONLY YOU
19. RENDEZ-VOUS
20. BEAT SWEET
21. PLASTIC BOMB
22. WILD AT NIGHT
23. WILD ROMANCE
24. ANGEL

Encore-1
25. The Sun Also Rises
26. 魂を抱いてくれ
27. IN THE NUDE
28. JEALOUSYを眠らせて
29. NO.NEW YORK

Encore-2
30. VIRGIN BEAT
31. KISS ME
32. ROXY
33. SUMMER GAME

Encore-3
34. SEX&CLASH&ROCK’N’ROLL
35. B・BLUE

 

何度も、観るよ?

ご厚意によって観客の一人に加えていただき、同じ空間にいれたことを誇りに思います。
そのあとラ・ボエムで何を話したかはもう忘れましたが。

あの東京ドームの後、フィルムコンサートが全国で行われました。
その際の記事がこれですね。

どうやれば氷室京介は卒業できるのか

実は10月の市川にも私は行っており、しつこく卒業しない感を自己満足で持ち続けているのですけれど、それの何が悪いんですか。

フィルムコンサート用に別編集された、よりライブ感のある映像、と言って良いでしょう、それが今回、DVD-ブルーレイになった。

ドキュメンタリー部分は、会場入り〜本編のスタートまでを順に追っている感じでしたね、それだけに、リハーサルの模様が中心になっていたり。

もう、音の調整だけでも一筋縄ではいかない感じがひしひしと伝わってきて、それがまずステージを去る原因だったわけですけど、割とテレビなんか見てると、歌番組で、豪快に音程もリズムも外しながら平然と生きてる人らって、けっこういるように感じるんですけどね…その差はいったいなんなんだと。

あれほどの声量と音域を維持しながら、なんでこれで、ライブ活動停止とかになるわけ…?と、改めて不思議な気持ちになったりもします。
本番中にも「ここを上げてくれ」「ここをどうにか」みたいな音に関する指示を、ずーと出しながらパフォーマンスをしている。大変な作業です。
歌詞のモニター画面もないし。

ああ、今年で安室奈美恵さんも引退。予期せぬ形で、小室哲哉さんも引退。
なんとこの2年で、「平成の3室」と言われた方々が一気にいなくなってしまいます。
「平成の3室」って何?って言われたら改めて困るけど。

東京ドームで直に感じた時、
フィルムコンサートで見た時、
そしてこのDVDで見直した時、

これが引退公演だという感じは、やっぱりしないんですよね…悲壮感がない。

思えばそれは、BOØWYの「LAST GIGS」の映像を見てもそうですよね。
解散宣言の時と違って、「LAST GIGS(1988445)」には湿っぽさがいっさいない。

これは、「解散宣言」の時ですからね。

BOØWY 1224 THE ORIGINAL

 

Disc 1の最後、MCでの「焼肉ぐらい食うよ!」が印象的にめちゃくちゃにウケるっていうのが、いかにこの人が世間と、日本の音楽シーンと隔絶した存在だったかを象徴してるなぁ、と思いました。

圧巻の演出は「16. WARRIORS」のエンディングですね。
スピード感のある編集になってて、迫力が強烈に倍増してる。

これはもう、どうせ(どうせ)何回も見る映像作品だなぁ、と思ってます。
開演前に「前半、抑えめに…大丈夫だよ…」と呟いているシーンが、すごく印象的でした。

 

 

 







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

揺るぎなき美学と挑戦

あの、「SHAKE THE FAKE」ツアーの舞台転換で、脱げなくなってハサミでザクザク切り刻んだという、クロムハーツのレザージャケットも展示されていました。

バーバリアンというタイトルに込められた皮肉

Quintili Vare, legiones redde!

『地球 東京 僕の部屋』を聴いて思ったこと

田舎は捨てられるけど、都会は捨てられないから。

ドトールで作業がトドコールことはない。

多少、雑音が周りにある方が、本を読むには良い。

シン・ゴジラ

ポリティカル・フィクションとしてのシン・ゴジラ

緊急の課題として今後の対応を検討する中、国平内閣副総理大臣兼外務大臣が「駆除でよろしいかと」、葉山経済産業大臣が「賛成ですね」と発言し、金井内閣府特命担当大臣(防災担当)と河野総務大臣が「私も駆除に同意します」と言い、「そうだろ!防衛省!」と振られた松本防衛省運用政策統括官が「えー、過去、有害鳥獣駆除を目的とした出動は幾度かありますが海自による東京湾内での火器の使用は前例もなく、なんとも…」と顔を曇らせ、柳原国土交通大臣が「まぁまぁ、ことを荒立てず、穏便に追い出せないのか」と楽観論を出し、菊川環境大臣が「総理。各学会と環境保護団体が、貴重な新生物として捕獲・調査を提言しています。定置網を至急湾内に用意して欲しいそうです」と言い出します。金井内閣府特命担当大臣(防災担当)は「いや、ここは駆除だ。魚雷とか使えばすぐ済むだろ」と水を向けるとそれを受けた花森防衛大臣は「お気持ちはわかりますがここは、火器使用も含め本省に検討の時間をいただきたい」と強めに返します。それに便乗するように関口文部科学大臣が「私からも是非とも捕獲を視野に入れた検討を願います」という発言があります。

■TRANSLATE

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓



afbロゴ

wowow