見たもの、思うこと。

プレデター進捗その5、なぜかカウボーイと…

カウボーイ&エイリアン (字幕版)

まだ新作映画「ザ・プレデター」は未見です。

ジェームズ・ボンドたるダニエルクレイグ。
ハン・ソロたるハリソンフォード。

が、なんで西部劇の世界でエイリアンと戦ってるんだろう…。

 

1873年、という設定なんだそうです。

めちゃくちゃ局地的に人間を狙う地球外生命体。
この時代なら、開拓中のアメリカなんかより、ロンドンとかパリとかへ行った方が効率的かつ広範に実験用人間を確保できると思うんだけど…。

なんというか、アメリカ人の、「西部/ガンマン/フロンティア時代」のあの雰囲気というのは、一定の高揚感を催すものなんだろうなー、と想像できます。

日本の作品によく坂本龍馬が出てきて「日本の夜明けぜよ」って言う、みたいな感じに似てるのかな。または織田信長が出てきて「人間50年」って言う、みたいな。

で、やっぱりエイリアンの造形は、ドロドロしてて、人間とは意志の通じ合えない、いわば「人外。しょせんは何しても構わない存在」に描かれてるんですね。

どう考えても1873年の地球より、いや現代より進んだ文明を持った存在なのに、なんでそれぞれの個体は裸で、色は暗くグロテスクで、「天井を這ってくる!」みたいな野蛮で粗野で下等な描写なんだろう…?と思いますよね。

あれは「めちゃくちゃに殺してもいい存在」ということなんですよ。
良心の呵責を感じずにすむ。

だからと言ってSAA、ピースメーカーで立ち向かう勇気はさすが荒くれカウボーイ。

もう一度見直すと、この作品は「VS」じゃなかった。
カウボーイ&エイリアン。

原題はとうぜん「Cowboys&Aliens」です。カタカナにして「カウボーイズ&エイリアンズ」だとどうもしまらない。どころか「ハワイアンズ」まで浮かんでくる。

 

アンド…内容は完全にVSなのに、なんで「&」なんだろう。

もしかして「カウボーイは何かと対立したりしない」というような、アメリカに根付く概念みたいなものがあるんだろうか。いやいや西部開拓時代、ネイティブアメリカンを何千万人殺したと思ってるんだ…。

この「&」の意味は謎ですが、スター競演の迫力あるシーンが山盛りでした。

 

どんな動画も早送りできる機能拡張とプレデター

プレデター進捗 その2〜エイリアンの不可解〜

プレデター進捗 その3、と忍者

プレデター進捗 その4〜そして約束の地へ〜

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

激しい現代病に苦しむわたしたち。

おっさんの自撮り、これは本当に気持ち悪い。

『日本再興戦略』の第4章を、ジジババに投げつけよう

この講演を聴いてからこの本、『日本再興戦略』を読むと、彼の喋り方で脳内再生されるので、意外と早く読み終われますw

【蚊取り線香編】

あれ?こんなだったかな…
こんなギウギウな感じだったかな…

金沢シャッターガール

なんだあの疾走感と切迫感。『金沢シャッターガール』。

隕石でも落ちてきたり都会の男子高校生と入れ替わったりすればイベントなんだけど、実際はその1万分の1の出来事も起こらない。

綾瀬はるか

スポーツクライミング面白そう。

この場所にいる人も、細い人ばっかりだ。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031