自論構築過程

「月曜始まり」「日曜始まり」のモヤモヤの正体はこれなのだ!

綾瀬はるか 2021年 カレンダー

 

「月曜始まり」「日曜始まり」のモヤモヤ

ここ最近、ああ、そうだったのかーと納得というか、もっとも得心できたのは
「月曜始まり」と、「日曜始まり」の謎についてです。

あなたは、どちらですか?

「月曜始まり」派?
「日曜始まり」派?
どっちでもいける派?

もちろん、社会人としてはどっちにも対応できて当たり前なんですけど、それでもたまに「水曜だと思ってたら木曜!!!」っていうことはありますし、カレンダー的に土曜日の数字がブルーになってなかったりすると「金曜だと思ってたら土曜!!!」ていうことは、ありますよね。

さらに月曜がハッピーマンデーで休日レッドになってたりすると「日曜だと思ってたら月曜!!?」なことも、よくあります。

これに完全に馴染むのは毎年9月ごろ(それは遅い)。

というのも、ずーっと「日曜始まり」で生きてきたんですがここ数年、わざと「月曜始まり」で過ごしているからなのです。

 

なぜか。

「どうも、月曜始まりの方が合理的な空気を、嗅ぎ取ったからです。
いやいや何言ってんの?日曜時始まりが主流だよ?という方も、もちろんおられるでしょう。

なぜ、その2派がいるのか。

その理由を今から解き明かします(大げさ)。

そのカギは、「一週間をどの単位で見ているか」にあります。

一週間、それは7日ではなく「就業日」を指します。
「神」が定めた働く日。

学生なら「授業のある日」。

特定の職業(美容師さんとか不動産業とか)でない限り、週休2日の場合「」が休みですよね。

ポイントはここなんです。

単純ですが、「休み」で2連休の人は、日曜を最後に、一週間が終わるのです。

月曜がくると「ああ、また一週間が始まっちまう…」という悲嘆の声が上がる。

だから、カレンダーは「月曜始まり」の方がぜったいに便利。
パッと見て、7日間の流れが把握できるから。
月曜日が左の先頭にあった方が、わかりやすいのです。

お休みも、「2日単位の予定」が立てやすい。

「日曜始まり」だと最後にクイッと「一週間が折れる!!」みたいな感覚になる。

 



 

 

では「日曜始まり派」の人は、一体何なのか。

言わずもがな、「土曜日が休みではない感覚」を持っている人なのです。
就業・通学が月〜土、の6日単位の感覚。

だから、一週間で最後の日、は「土曜日なんです。

もちろん個人差はありますし「それはちょっとどーかな〜」という意見があるのはわかります。

でも現在、強引に統一されたりしないことを鑑ると、やはりこの説には、一理あると言わざるを得ないでしょう。

もちろんお仕事においては週休二日とはいえ、「が休み」とは限りません。いろんなシフトがあるでしょうし、「半休」とか「足して1日休みってことに」とか、バリエーションはいろいろ。

ですので、この「月曜始まり」と「日曜始まり」の分派は、「学生の頃にどうだったか」で決まるのです。

 

「学生の頃に、どうだったか」。

「学校週5日制」が導入されたのは1992年(平成四年)。

これは、2週に1回、土曜日が休み、というものでした。バルセロナ五輪の年です。
完全に「土曜日は学校がお休み」になったのは、1995年(平成七年)。

 

いかがですか?

1992年〜1995年、あなたは学生(児童)でしたか?

ここが、最重要な、「分かれ目」なのです。

大雑把な計算で恐縮ですが、1992年に18歳(高三)のあなたは今なん歳?1995年に(高三)のあなたは今、なん歳でしょう。

ある年齢以下の人にとっては、カレンダーや手帳は

「月曜始まり」の方が馴染みがある

ということになります。

ちなみに、完全な週5日制になったのは2002年。
2002年に高校生だった人は、今なん歳でしょう。

ある年齢以下の人は、まず高確率で

「カレンダーは月曜時始まりじゃないと気持ち悪い!」

と言うと思われます。
それどころか、「日曜始まりの意義がよく分からない!」と言ったりもします(言われたことあります)。

 

あなたの周りでは、どうですか?

個人的には記憶として、「土曜日は隔週休みですらなかった」ので、「日曜から一週間が始まったと考える(終わるのが土曜日)」のが、しっくりいってたんですよね。

つまり私はずっと「日曜始まり」派だったわけです。

現在の合理性(月曜始まり)に、やっとなじんできました。

 

暫定的な答え。

月曜始まりと、日曜始まりは「年齢で分かれる」。

 

 

 

 

ほぼ日手帳買いました2017

ほぼ日手帳買いました2018

ほぼ日手帳買いました2019

ほぼ日手帳買いました2020

ほぼ日手帳買いました2021

 

 

 







-自論構築過程
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

これは静電気か?とにかく電気を感じる。シビれる。同じ人は多いはず。

とりあえず、「この辺がシオドキ」ということで、iPhoneを買い換えることにします。

中身で外見を当てられる人が、いたらそれこそ

右の開襟シャツでパンチパーマのおじさんが東京慈恵会医科大学附属病院の診察室にいても、「ちょっと困ります」って思いますかね??

空気、読めますか??

あるところで『空気は読めますか?』というアンケートをとったことがあります。 さまざまな解答があったことが大変興味深く、懐かしみつつそれを紹介したいと思います。 空気を読めるか読めないかは、ある特定の職 …

そんなにウィルスが悪いのか?

「根絶」ってどのレベルの、どういうことを言ってるのか、せめて自分だけは、確認しておく必要があると思います。

モノへの執着は無くなるか…!?

あらゆる物は、今ここにあるこの個体、が欲しかった訳ではないはず。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)





afbロゴ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930