自論構築過程

わかっていながらさらに書く「男と男の料理対決」

遊戯王 奈落の落とし穴

 

岸部四郎を追悼 『ガキ使』“落とし穴回”を説明する東スポにモニョッたので訂正してみる
http://iincho.hatenablog.com/entry/2020/09/15/231843

岸部四郎(岸部シロー)さんが亡くなって、いろんな映像やニュースが掘り出されています。

インパクトとしては「沙悟浄」だけど、私としては最初に見たのは「色付きの女でいてくれよ」を披露した、復活ザ・タイガースとしてのテレビ出演だった気がします。

全員で歌ってた。
ボーカルのジュリーはわかるけど、「1人だけ何もしてないやん」と思ったのを覚えています(お兄さんの岸部一徳さんはベースだった)。

沙悟浄にしても、ドラマや映画でいろんな人がその後、同役を演じていますが、なぜか関西弁で、ひょろっと背が高い、というあの飄々とした姿は、他の人には決してなし得ない、「河童の到達点」を未だに輝かせているように感じます。

「神回」と断言されることの多い「ガキの使いやあらへんで」の「第一回 チキチキ 芸能界 男と男の料理対決」。

上の、「いいんちょさんのありゃあブログ」では、東スポに載っていたという「ウソ企画で呼び出された」という部分にモニョる、と記されていました。

ダウンタウンも抱腹絶倒!岸部四郎さん 〝ガキ使〟神回で飛び出した名言
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2182947/

確かに、正規のルートでは確認すらできない、2002年の企画を映像なしで説明しようとすれば、「本気で騙して落とし穴に落としたわけではない」ということを端的に、字数制限の中で伝えるためには「ウソ企画」という言葉を使わざるを得なかったのかな…と推察します。どうせ、そんなに誰も確認なんかしないだろうし、という。

バトミントン大会が板尾さんの乱入や、浜田さんの五月病発症でなかなか叶わないように(野口五郎さんの活躍で復活。神回)、料理対決はけっきょく、全く実現不可能な、進行不能状態に陥ります。

毎週ダウンタウンのトークがあった時代です。
こんな「神回」扱いをされたオープニング企画なのに、10分もないのです。
これがすごいところ。「早く終わってしまったので未公開トークをお送りします」という説明で終わります。

さらに細かい点に目を向けるなら「『俺を誰や思うてんねん! 元金持ちやぞ!』『もう、カネしかないなあ!』などと名言を連発」、こうした書き方も、ネットニュースに特有なのだが、ちょっとサブい。

と、いいんちょさんは指摘しています。

まさにそう。

まず、1個目の落とし穴に落ちた時。

落とし穴って、ホントに知らなかったら、普通の歩幅で落ちていくのが自然なんですけど、1個目。
岸部氏は「縁に当たるのは避けたい」という気持ちが強すぎて、少し中央をめがけてジャンプしています。わかるよその気持ち。あんなものに慣れてる人はいないしね。

「なんやねん!なんで落とし穴があんのよ!?」
「大丈夫て…何をしてんのよいったい」
「無事で良かったけどこれ」
「もう今日ちょっと無理やて」
「何してた人や知ってる?」
「元金持ちやぞ」
「とりあえず今日は無理や俺」

と、ほぼすべての説明をご自身で済ませてしまいます。

「料理対決のゲストとしての違和感」を、「なぜか何かの残りとして開いていた、落とし穴に落ちてしまう」という行為で、見ている者を謎に引きずり込みます。

我々はこの後、さらに落とし穴に落ちることを知っていますが、「もう無理」とこの時点で判断するのは至極、当然のことです。

ロケバスへ戻る岸部。

ここで、2個目も慎重に落ちていきます。

「エグゼクティブプロデューサー誰や」
「実効権のあるプロデューサーや
「そいつとバスで話したい」
「こんなもん無茶苦茶や」
「ひどいわ、ダウンタウン愛してたのに」

そしてバスでとりあえず説得が行われ、ギャラによる交渉も成立。やり直すことに。

バスの降車口に、3個目が。

3個目に落下した時にははっきりと

これは一体誰が掘った落とし穴なのだろう

とテロップが入ります。すごい。

そして

「引っ張れ引っ張れ」
「ありがとう」
「ありがとう」
「ありがとう」
「とりあえず帰ります」
「ありがとう」
「お疲れ様でした」
「料理対決をこれからするんですか」
「で私が出演するんですか」
「ゲスト?今日のゲストだったの僕」
「今から出していただけるの?あーありがとう」
「でどこでするのそれ」
「あほんとに。いいよ」

と「じょじょに壊れゆく姿」が映し出されます。

4回目。

対決の場に向かう途中、

先輩の岸部が二度と穴に落ちぬよう先導する松本。こんなところにも、彼の成長した姿が垣間見える

という、もはや視点がどこにあるか、誰目線なのかわからないメタ・ナレーションが入ります。

そしてもう一度、コーナーが仕切り直され、始まります。
「手料理対決ゲスト」として岸部四郎さんの紹介があり(この時に小さく「ありがとう」と言っている)、それぞれがキッチンへ駆け寄ります。

岸部側には落とし穴が!!!

これにはさすがの岸部も、びっくり仰天

というナレーションが入り

「すいませんて何回…金しかないなぁ!」
「金持ってこい!」
「機嫌よう帰ったるよ!」

…ここで、終わります。

この後どうなったか、とか、そういうのも完全にスルー。

それらは「名言」なのか?

これらの岸部さんの言葉を「名言」とするのはもう「そういう、ちょっと引っかかる言葉はぜんぶ、名言と呼んでおく」という安易なメソッド、と言えてしまうかもしれません。テレビで、だけでなく、「出た〜!名言!!」とさえ言っておけば言われた方も悪い気がしない…みたいな光景を、何度も見たことがある気が、しませんか。

なので「名言かどうか」「語り継がれるべき言葉かどうか」は、この企画をちゃんと映像で吟味した後、岸部四郎さんが今後も歴史的に評価される上で、「金しかないなぁ!」や「元金持ちやぞ!」がその評価基準に毎度、加えられるかどうかにかかっている、としか言いようがないですよね。

大きなニュースとして岸部さんが取り扱われることがなければ、あの企画コーナーに言及されることもなかったでしょう。

それと同時に、訃報に接し、まず最初に「落とし穴」「料理対決」「せめて8倍出してよ」が光のスピードで想起された人も多かったのも事実ではないでしょうか。

 

執筆さのゆうちぃさんは、東スポの記事に反応すること自体は「無粋」であることを理解しておられます。

これを書く時点でぼくも「サブい」のである。

と、断っておられるのです。

確かに。
確かに、反応して正そうとすると、どうもやっぱり説明的になってしまい、「だから面白いんだ!」と言ってしまうとそれ自体がもう面白くない…という悪いスパイラルになってしまいます。そういうのを超越してる企画が多かったのが、2000年代初頭のオープニングですしね。

「訃報ついで」でなければ言及されることのない「いち番組」の「いち企画」。
「ダウンタウン」「〝ガキ使〟」という名前をタイトルに使えるからこそ書かれた「無理やり関連記事」と言っても良いと思います。

無理やり、以下にちょっとだけ、さらに書きます。

とにかく改めて思い出してみるに、まず「岸部四郎が落とし穴に連続して落ちる様は面白い」と、映像を脳内で描いたのがすごい。
そんなの、ふつー、誰が思いつきますか。
そしてそれを具現化するのがすごい。
しかも10分未満で切ってる。

「落とし穴に落ちる」が、いかにハプニングなのかを強調するために、しっかりした企画がまずあり、そこにゲストとして登場するという段取りが作られる。料理対決コーナーのスタート、というゴールが見えているので、そこへ向かう力加減が見ている者にまず、前提として伝わる。普通のテレビ番組の「当たり前に進行されるべき、向かうべき方向」が前提となっている。

コーナーを成立させようとする全員の気持ちが、「4度も」という回数をこなすことを、許してくれる。
犯人探しや岸部さんの被害などはどうでもよくて、「誰が掘ったのか」という、絶対に答えの出ない問いに一度だけ、本当に思考が持っていかれるのもなんだか悔しい。

神回に違いはないんですけど、「他の人だったら…」と考えると、どうでしょう。

候補はいく人か、おられます。
あの時点ではあの人は違うでしょ、という人も含めると…

・藤岡弘、
・楳図かずお
・具志堅用高
・西岡徳馬
・梅宮辰夫

というところでしょうか。

気を遣うことが前提のベテランであり、その上で落ちたさまがおもしろく、言ってみれば「落ちてもいい」人であり(そうなると藤岡さんはちょっと違うか)、何らかの悲哀があってコメントも深そう…。やはり「フトコロも深そう」っていうところだったりしますよね。

そう考えると、あの時点で「岸部四郎」という選択は、やはり神がかっているな…と感じるのです。

そこには、「裏スター」としていじられ続けて再ブレイクした、にしきのあきらさんの存在もオーバーラップしてくる気がします。

 

確か「笑ってはいけない」のどこかでも、岸部さんの若い頃の写真パネルって出てきませんでしたっけ??「ホテルマン(2009年)」か??

あの「なんで笑ってるかわからんけど面白い」タイプのものって、「何が面白いのかホントにまったくわからない」っていう人も、いるんです。
いるんですけど、それはそれで正しい。良いと思います。

大問題は、たまにアップロードされる動画投稿サイトのコメントにある「これってマジですか?」という人が存在するという事実です。子供なのかな。

最近はそれをも取り込んだ「ネタ化したコメント合戦」になってて安心する時も、ありますけれど。

 

 







-自論構築過程
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

般若心経はかんぜんに間違いだった

著者の勝手な解釈です。妄想です。

出入り禁止の謎。

いるんですねえ、「そういう人」って。しかも割といる。

荷物を部屋に放置してるのはそのぶんの家賃を払ってるのと同じだぞ、という考えかた

クソ夏の間、クソ目につくところに「クソ冬服」があるだけでもクソ暑いですしね。

タバコ法律改正のこといっさい知ろうとしない人らもおつかれさま

だって「愛犬家」って、自分とこの犬以外は死んだって構わない、って思う人のことじゃないでしょ??

不倫をしてるやつの多いこと多いこと

何度も書きますが、特に「悪」だとは思ってませんよ。
お盛んね、どうぞ健やかに、と思うだけです。



書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031