見たもの、思うこと。

何を着ていいかわからんおっさん達へ

ユニクロ9割で超速おしゃれ

なんとなく「自分は大丈夫な側の人間」と思っていても、いつの間にか「あれ?俺ってあっち側(っていうかこっち側?)なの??」となってしまうのが、ファッションというもの。

30代、いや早い人なら20代から始まっているでしょう、「何を着たらいいかわからない」!

わからない…困った…と悩んでいるのは実はまだ良い方で、「もう、これでいいや」となっている人がけっこう多いんですよね。それは、40代に突入するともう、確定してしまいかねないw

なぜかやたらスティーブ・ジョブズを引き合いに出して「決まった、同じ格好をしてればいいのだ!それが真のおしゃれ!!」と開き直るおっさん、けっこういる気がします。

開き直ってはみたものの、ジョブス氏のように15000円ほどするセーターを100着も同色を揃える、なんてことをするはずも(できるはずも)なく、結局、洗濯→着る、を、3着ほどでローテーションしているだけ、という事実。

ジョブズが黒タートルを着た理由が今明らかに。きっかけは日本
https://www.gizmodo.jp/2011/10/post_9494.html

 

いえ、わかります。

もう、「服装でモテる」とかが夢であることが遺伝子レベルでわかってしまっていて「どうせ俺はどんな格好をしていても同じだから」と思い込んでいるところ、ありますよね。それどころか、何歳になってもファッションの細部にまでこだわりたいと言う女性を見たりしたら「いつまでも幼稚な…バカなんじゃないか」とか言い出しかねない感じになってる。はっきり言って、バカはあなたです。

こういうの見つけました。

 

これ、「こういう法則で服を選べば、完璧に無難です、いえそれ以上を目指せるのです」ということを、教えてくれるんだそうです。

けっこう、勤続何十年、という人の中には「革靴しか持ってない」という人、いるんですよね。そういう人は、ちょっとした休日のお出かけ、しかも洗濯の都合でうまいスラックスがない場合、「ジャージに革靴」とかになってる。そういうの、見たことあります。

おしゃれを「女性らにキャアキャア言われるファッション」なんて考えるのが、そもそも間違ってると思うんです。

自分が「ちゃんとした人に見える」ことがまず、一番大事で、幾つになってもほんの少しだけ、外見に気を使うという精神の働き、そのものが大事だと思うわけです。

それすら気を使えないのに「怪しい格好とはなんだ!なんで職質されなきゃならないんだ!」って、怒るのもわかりますがw、外見ですから人間は、まず。

中身で外見を当てられる人が、いたらそれこそ

服はお金を出せば買えるものなので、色んな服を買う、ブランドを知ってる、お店の人と知り合い、そんなものは「成金な悪趣味」です。

成金な「ネット長者」の集まりの写真をフェイスブックで見ることがありますが、見るも無残な気色悪さですww

おしゃれしました!
どこそこのブランドです!
あれに載ってる通りの感じです!

みたいな、「気持ち悪い」がやっぱり最もしっくりくる、「個性出してるつもりでみんな同じスタイル」の揃い踏み。

決してそうではなくて、私たちが狙うべきは「あの人は常に、シュッとした清潔感のある感じをしている」と、無言で思われればそれでいい、そういうところだと思います。

ああ、俺はその点において致命的だわな…と自分で感じたら、一生に一度だけ学ぶつもりで、こういうのを使うのは、良いと思うんですよね。ファッション雑誌を見たって、何がなんなのか、わからんかも知れないし。ファッション男性誌ってけっこうするんで、まずは雑誌買うつもりでササッと(コソッと)学習して、次の段階で「どの雑誌を買えばいいか…」へ進めばいいのかも知れない。

このチェックリスト、人ごとではない…w!

なんでそんな格好してんの??
「逆に」「あえて」とか言える身分じゃ、あなたないから!
その作品が好きなのはわかるがグッズを着るなよ!
ただただ単にシンプルにダサい!!

など、無言でディスられてるおじさんらが、救われればいいなぁ、なんて思ったので反応してみました。

 

自分も、絶対に人ごとではないのだ…!!!

Men’s Fashion School

 

 

主催者・大山氏の著書。

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

無理やり小沢健二の「流動体について」について考えてみる実験

無理やり小沢健二の「流動体について」について考えてみる実験

最大の難所「君の部屋の下」。

プレステージ

ボウイが演じたあの人は…「プレステージ」。

ちなみにティーン向け雑誌「ニコラ」が彼にちなんでいるかどうかは知りません。

ファンタスティック・ビースト

ファンタスティック・ビースト観て来ましたよ

なにしにニューヨークへ来たんでしたっけ?

【ガキ使】アメリカンポリスは差別でパワハラでイジメだったぜ!

このタイキックを受けたら彼女は、今後、あの「ゲス不倫騒動」を「このタイキック込み」で語れるんです。笑いを取りながら、話せるんです。それが、今後の彼女の活動に、どれだけの福音となるか。

「実名で恥をさらしている人」のバカコメントについて。

よくない思考回路を排除するために、この際、参考にしてしまおうと思います。

TOXICblogバナー

TOXICblogバナー
書いてる人


2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930