見たもの、思うこと。

プレデター進捗

ミリテック プレデター Wolf 2.0タイプ メッシュマスク ガンメタル [並行輸入品]

「プレデター」
「プレデター2」
「プレデターズ」

を観ました。

現在、「エイリアンVS.プレデター」の途中まで観てます。

エイリアンVS.プレデター (吹替版)

第2作目、「ハリウッドのいかりや長介」ことダニー・グローバー(そう勝手に私が呼んでるだけです)が、地球に降りているプレデターの宇宙船の中へ入っていきました。

なかなか呪術的な船内。
機器が無い。

で、戦利品というか、いろんな星系の生き物の、頭蓋骨が壁にコレクションしてありました。

その中に、あの「エイリアン」と思しき頭蓋骨があって、まず「あいつ(エイリアン)ってああいう骨格なの?」と驚きましたが、あの強そうだったエイリアンが、プレデターに「狩られる側」だったとは…という衝撃ですよね。いかにプレデ兄さんの個体の戦闘力が高いか、という。

なので、地球以外の場所ではすでに、エイリアンとプレデターの確執というか対決はあった、ということが判明していました。何千年も続いているのか…。

ならばすぐに「エイリアンVS.プレデター」を…ということになりそうだったわけなんですけど、「2」から14年後に公開になったようです。

私も勘違いして、「プレデターズ」を観てしまいましたが時系列としては

「プレデター1」1987年
「プレデター2」1990年
「エイリアンVS.プレデター」2004年
「エイリアンVS.プレデター2」2007年
「プレデターズ」2010年

ということになります。

最初から両者を混ぜる予定なんて無かったはずなんですけど、ここに「エイリアンシリーズ」を入れると…

「エイリアン1」1979年
「エイリアン2」1986年
「プレデター1」1987年
「プレデター2」1990年
「エイリアン3」1992年
「エイリアン4」1997年
エイリアンVS.プレデター」2004年
エイリアンVS.プレデター2」2007年
「プレデターズ」2010年
「プロメテウス」2012年
「エイリアン: コヴェナント」2017年
「ザ・プレデター」2018年

ということになりますね。

この並びを見ると1990年の時点で、プレデターの側にはもう狩猟者としての認識があり、2007年で生物としての立ち位置には完全に決着がついた、というような感じなんでしょうか。

までそこまで観てないからわからんけど。

エイリアンは完全に「何考えてるかわからん」怖さだったんですけど、プレデターは、「若干何考えてるかわかる」ヤツなんですよね。人格がある。個体差もある。

 

それにしてもあいつら、視界が悪いんですけれどw

あんな風にしか裸眼で見えないしマスクのフィルターを通してもあんな風にしか認識できないのに、どうやってあの高度で精緻な器具とか宇宙船とか造れたんだろう…やっぱり謎だ。

「プレデターズ」は、人間が「彼らの狩場」に連れて来られて、ターゲットとして扱われるという「別時空の話」。
だけど、「1」のシュワちゃんの恐怖の体験談は受け継がれていて、「泥で見えにくくする」という経験は活かされます。同じようなことを言うようですけど、プレデター側にはその叡智は受け継がれてないのかよ…と愕然となりますね。

「泥で我々はターゲットの温度を感知できなくなる」ていどのことが、教訓にされていないという。知能が高いにも色々ある、ということなのか。

そして少しだけ腑に落ちないのは、「文化」と言われればそれまでですけど、プレデターたちはなんであんなに「汚い」んでしょうね…。色が見えないからカラフルにする必要までは無いし、人間だってカモフラージュに迷彩服を着たりしますからわかるんですけど、なんだか汚らしい。文明の発達が、地球人の想像通りにはいかない、ということなんだとは思いますけど、最初から「ぶっ殺していい異質な存在」みたいな設定なんですよね。これはエイリアンもそうです。

地球人から見て、エイリアンやプレデターがみんな、綾瀬はるかみたいな見た目にしか見えない…そういう設定なら、戦い方とか扱いとか、もっと違ったものになりそう。そうなると星新一の世界になってくる感じですが、そっちの方が怖いし、その可能性の方が、ほんとにあるような気もする。

本日は以上です。

Huluで観ました。

 

どんな動画も早送りできる機能拡張とプレデター

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

畠山義就

人の世むなし?何が起こった『応仁の乱』。

とにかくこの乱で、「何この人、もっとマンガとか、物語の主人公クラスなのにあまりに無名じゃないか??」と思う人が一人、います。

ファンタスティック・ビースト

ファンタスティック・ビースト観て来ましたよ

なにしにニューヨークへ来たんでしたっけ?

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエからベン・ハーへの逆行

テルマエを通して、文化を理解するスピードがとてつもない主人公。

三度目の殺人

えーっと、何度目の殺人?『三度目の殺人』。

その意味では「すごいおっさんは、本当に顔がすごい」と、本物の役者のアップの凄みを改めて感じたのでした。

徳川家康

そこからそこまでを、やる!?『徳川家康』。

そこからそこまでなの!!!!?

書いてる人


2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031