第19回『果たせぬ凱旋』

2022/05/15   -鎌倉殿の13人

誰が信じるんだそんなもの。すぐDNA鑑定じゃオラ。

第18回『壇ノ浦で舞った男』

2022/05/09   -鎌倉殿の13人

でも源頼朝は、この時点ではおそらく怒ってない。

第17回『助命と宿命』

2022/05/02   -鎌倉殿の13人

「情けをかけて生かしておくと、100%仕返しにくる」というのは、源頼朝が今、自分で証明してることなのですから。

第16回『伝説の幕開け』

2022/04/25   -鎌倉殿の13人

でもそれって、普通は「法皇の顔を潰す」ことになると思うんですけどね…。

割れた殺生石と上総介広常が殺した九尾の狐

2022/04/18   -鎌倉殿の13人

ここで、石を割るのが「ゲンノウ」和尚だというのが心憎い。

第15回『足固めの儀式』

2022/04/18   -鎌倉殿の13人

こんなもんじゃねえぞ。ひょうきんでコミカルな演技もこなす大泉洋さんだけに、目が据わったそのギャップが怖い。

Youtubeに課金する理由(シンプル)

2022/04/12   -買うてもた

この、たった2つに合致する人はYoutube Premiumを試す価値があるということですね。

第14回『都の義仲』

2022/04/11   -鎌倉殿の13人

同じ悲劇を辿る運命にある源氏の血が共鳴しているシーンですね。

第13回『幼なじみの絆』

2022/04/04   -鎌倉殿の13人

どうして木曾義仲は、子供を人質にしなければならかなったのか。

第12回『亀の前事件』

2022/03/28   -鎌倉殿の13人

いやー、気になるのは一つどころではないぞ!
あのウィンクがアドリブなのかどうかも気になるぞ!!

第11回『許されざる嘘』

2022/03/22   -鎌倉殿の13人

今回の「許されざる嘘」とはいったいどれのことなのか。
だんだんみんな、嘘をつくようになって来ている。

また勝った。耳に入れないワイヤレスambie sound earcuffs AM-TW01

2022/03/20   -買うてもた

1、重さ。
2、挟まれた時の痛さ具合。
3、音漏れ。
すべてクリアです。オールクリアです。

第10回『根拠なき自信』

2022/03/15   -鎌倉殿の13人

「しなくていい戦なら、しなくて済むにこしたことはない (by三浦義澄・佐藤B作)」というような方針ではありません。

第9回『決戦前夜』

2022/03/08   -鎌倉殿の13人

「俺にはできません」。
愛されなかった彼ですが、彼には八重への愛があったのですね。

第8回『いざ、鎌倉』

2022/03/03   -鎌倉殿の13人

鎌倉では「谷」を「やつ」と読むんですね。

最強開運日をぶち壊すほどの「幸せの財布」はあるか?

2022/03/01   -買うてもた

たとえ私個人が「最強開運日?はぁ?」と疑問を持って信じていなかったとしても、「絶対この日じゃないとダメなのです!」と力説するスピリチュアルな詐欺師とそれを強く信じることで決定コストを他人に丸投げしたい頭の弱い連中のせいで、たまたまその時期に普通に財布を変えようと思っていても、熱狂した「開運信者」のせいでかんたんに売り切れてしまうのです。

第7回『敵か、あるいは』

2022/02/24   -鎌倉殿の13人

みんなまだ、決めかねてるんです。

第6回『悪い知らせ』

2022/02/16   -鎌倉殿の13人

伊豆山権現での、女性だけの「父は変わりました」というような、人物描写がことさらに必要だったんですね。

【※追記3まであり】楽天モバイルのタイムラグの怪

何か動きがあったら、以下に追記します。

第5回『兄との約束』

2022/02/09   -鎌倉殿の13人

北条三郎宗時が、隠れていた味方を離れて単独で行動した理由…「兄との約束」は、もしかすると北条ヨシトキの、一生の傷とモチベーションになった…という描写でした。

第4回『矢のゆくえ』

2022/02/02   -鎌倉殿の13人

なのになぜ、「主役級(新垣結衣)」がここに。

源頼朝の、恨みの根源。「野間大坊」

2022/01/27   -鎌倉殿の13人

「私、ちゃんと願ったんですよほら、木、あるでしょ、私の字です」と問いわせしても「どれが貴方のものかわかりません。対応しかねます。成就はいたしかねます」ってカスタマーセンターに言われたら困るから、個人を特定できる住所・氏名をちゃんと書いておくというメソッド。

第3回『挙兵は慎重に』

2022/01/25   -鎌倉殿の13人

養和の飢饉(1181年)は目の前。北条政子がビシッと「下手すると来年食べる分がなくなるんですって」と言ってましたよね。

第2回『佐殿の腹』

2022/01/18   -鎌倉殿の13人

不気味にすら映る源頼朝の静かなる画策。

なぜ清盛は頼朝を殺さなかったのか

2022/01/12   -鎌倉殿の13人

生かしておくのは美人・常盤御前だけで良かった。

第一回『大いなる小競り合い』

2022/01/10   -鎌倉殿の13人

なぜ北条が源頼朝をやたら救ったのかは謎。

数少ない「読書体験」を得る方法

ここも知ってるお、ここも覚えてるお、くらいのペースで読んでいると、逆に「どの本にも書いてないこと」が気になってくるのです。

男は、二度起こされる。【天狗裁き】

夫婦では「めおとの絆」を。
友人とは「長年の友情」を。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365

大晦日、『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365』を完読いたしました。

宮古諸島・八重山諸島 366/365

両諸島を併せて、先島諸島と呼ぶ。

「いき(粋)」364/365

その三つのメルクマークの背後に、彼は仏教や武士道を見た。

妖怪 363/365

中世に絵巻や御伽草子が登場し、妖怪の姿は絵として残されるようになった。 民俗学者の柳田國男は妖怪を、信仰が衰えて零落した神だと唱えた。 特定の人を選んで現れるではなく、出現の場所や時間が一定しているの …

驚愕の「主人公がいなくなる」衝撃【天神山】

その後の人生も、皆目不明なままである。

民藝運動 362/365

思想家・柳宗悦が始めた収集・研究運動。

湯川秀樹 361/365

ノーベル賞受賞には世界の数多くの科学者からの推薦が集まったという。

ノーベル文学賞受賞者 360/365

2018年、その選考過程が明らかになった。

原爆投下 359/365

最終的に目標は広島になり、第二候補が小倉、第三候補が長崎と決まった。

内村鑑三 357/365

のちには再臨運動に没入。

忍者 356/365

その源流は中国の兵法書『孫子』で、紀元前500年に遡る。

対馬諸島・五島列島 358/365

独自の生態系を確立している。

ぼーっと立つことが目的であり手段でもあるという境地。【無い物買い】

生きるために働こう。
働くために、生きるな。

大正ロマン 355/365

自由闊達な雰囲気はやがて昭和ロマンへの受け継がれていく。

公害 354/365

明治からの急速な近代工業化、そして戦後の高度成長の中で、社会問題にまで発展した公害事件が数多く発生した。

三島由紀夫 353/365

演説のあと、割腹自殺した。

太平洋戦争 352/365

大本営海軍部はこれらの敗北を国民に隠した。

佐渡島・隠岐諸島 351/365

『日本書紀』の神話では、両島は5番目に双子として生まれたとされる。

平塚らいてう 350/365

戦後も婦人解放運動の前線で活動を続けた。

海女 349/365

アワビ、サザエ、ウニなどを潜水、採取する漁を行う人のこと。

「せんのうち」の謎【鰻の幇間】

この時点で「あの人は誰それ」ということが判別できていないところが、この主人公が「負け」る原因だったりするのだ。

藤田嗣治(レオナール・フジタ) 348/365

「私が日本を捨てたのではない、日本に捨てられたのだ」と語った。

自動車 347/365

日本の自動車の歴史は1911年に始まり、戦後には世界を席巻することになる。

太宰治 346/365

1948年、愛人の山崎富栄と玉川上水で自殺。

軍部の台頭 345/365

軍部は大日本帝国憲法第11条にある「天皇は陸海軍を統帥す」を後ろ盾に、豊富な資金と暴力で意見を排除し続けた。

伊豆諸島・小笠原諸島 344/365

平安時代には流刑地とされ、京都から公家などがやって来て京の文化を伝えた。

西田幾多郎 343/365

哲学者。

銭湯 342/365

銭湯の形式は、当時は蒸し風呂だった。

高村光雲と高村光太郎 341/365

父・高村光雲は仏師・彫刻家。

戦闘機・戦艦 340/365

戦艦「大和」も史上最大の排水量を誇り、世界最強と謳われた。

芥川賞と直木賞 339/365

両賞とも、設立したのは菊池寛である

日清戦争・日露戦争 338/365

講和内容に国民が猛烈に反発し、「日比谷焼き討ち事件」などが起こった。

北方四島 337/365

千葉県とほぼ同じ広さ。

中江兆民 336/365

思想家、ジャーナリスト、政治家。

飛脚 335/365

信書、金銀、小貨物などを輸送する脚夫。

日本画の始まり 334/365

明治になり西洋文化が日本に入ってくることで、それ以前の美術作品は価値を落としていた。

近代の発明品 333/365

1981年にホンダが世界で初めてカーナビを商品化した。

中島敦 332/365

彼の作品がのちの文学に与えた影響は大きい。

自由民権運動 331/365

「板垣死すとも自由は死せず」は有名な言葉になった。

自然遺産 330/365

登録後の法整備や人材・予算の確保なども重要。

神仏分離 329/365

「八幡大菩薩」など、神仏習合に基づいた信仰は、長く日本に根付いたものになっていた。

芸妓(舞妓)、幇間 328/365

芸妓は関東では芸者と呼ばれる。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ