フェーリクス・メンデルスゾーン 201/365

彼の指揮した演奏で、ヨーロッパでのバッハ再評価が始まったとさえ言われている。

睡眠 200/365

この時に、筋肉が再生すると言われる。

エドガー・ドガ 199/365

彼は自分の作品に対して批判的だった。

ウェルト・ホイットマン 198/365

1892年、最終的な決定版になった最後の改訂版は「臨終版」と呼ばれる。

アイルランドのジャガイモ飢饉 197/365

アイルランドからアメリカへの大量移民は、この飢饉がきっかけになった。

ジョセフ・スミスとモルモン教 196/365

アルコール、タバコ、コーヒー、お茶は禁じられている。

観念論 195/365

そこにある物は、私たちが意識しない時も、そこにある。

フランツ・シューベルト 194/365

彼はその短い生涯で、600曲以上を書いた。

概日リズム 193/365

それは視交叉上核にあると言われる。

『ホイッスラーの母』 192/365

この絵はアメリカの母親を讃えるために、郵便切手の図柄に採用された(1934年)。

『緋文字』 191/365

これは姦通(adultery)を示す、懲罰的な印だった。

ナポレオン・ボナパルト 190/365

彼はワーテルローで敗れ、セント・ヘレナ島へ流された。

コンスタンティヌス一世 189/365

「大帝」と称される。

ジョージ・バークリー 188/365

バークリーの観念論とは、この世に物質的なものは存在せず、すべては霊または魂など、精神にある概念や思想だけが存在するという考え方のことだ。

ロマン派の時代 187/365

旋律が最重要視され、そのためには形式すらも犠牲にされた。

電磁スペクトル 186/365

それに合わせて、人間の目は出来上がっている。

印象派 185/365

独自の芸術集団に対する蔑称として「印象派」という言葉は生まれた。

『選ばれなかった道』 184/365

この詩の作者ロバート・フロストは、見抜いていた。

トマス・ジェファソン 183/365

彼は自分の主張とは反するところではあったが、フランスからルイジアナを買い取った。

宗教改革 182/365

こうして、ヨーロッパ全土を巻き込み、大量虐殺さえ起こった宗教改革は始まった。

社会契約 181/365

支配者がどれほど暴君で専制的であっても、「自然状態」でいるよりはマシ、と考えた。

ベートーヴェンの『交響曲第九番「合唱付き」』 180/365

ベートーヴェンは「第九」を完成させた数年後に亡くなった。 これを書いたとき彼は、すでに何も聴こえなくなっていた。 あの繊細で軽快で、幸福感に満ち溢れたクライマックスを持つ「交響曲代食う番」は、聴力を失 …

幹細胞 179/365

成体細胞は体の多くの場所にあるが、胚性細胞ほど万能ではない。

ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー 178/365

彼は、近代の芸術運動の先駆けになったと評されている。

『白鯨』 177/365

白鯨が何を意味するのかは、今でも議論されている。

フランス革命 176/365

しかし、王政の時代よりも、多くの血が流れた。

東方正教会 175/365

口承の伝統が強いので、カトリックほど、聖書に頼らない。

自由主義 174/365

自由主義とは、規範理論だ。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートベン 173/365

彼は手紙に「私の心の中にあるものは出てこなくてはならず、だから私は曲を作るのです」とつづっている。

生殖 172/365

そうでないと、すべてが滅んでしまう。

フランシスコ・デ・ゴヤ 171/365

ゴヤはスペインの政治情勢に絶望していた。

ヴァージニア・ウルフ 170/365

彼女は第一次世界大戦の残虐性に衝撃を受け、19世紀から続く写実的な文学の原理では、戦後の世界を描くことはできないと断じた。

トマス・ペイン 169/365

疲れを知らぬ言論活動は、時に批判者からの尊敬すら勝ち取った。

カトリック教会 168/365

洗礼・堅信・聖体・許し・病者の塗油・叙階・婚姻。

人格の同一性 167/365

ではそれらを何らかの外科手術で移し替えたら、それは同一人物なのか。

モーツァルトの『ピアノ協奏曲第21番』と『交響曲第41番』 166/365

モーツァルトはウィーン時代に、ピアノ協奏曲を17曲作った。

認知的不協和 165/365

大学のサークルの新入生のいたずらにも、認知的不協和の原理が働いている。

ロマン主義 164/365

過去の異なる様式を融合させるのも、その手法の特徴と言える。

アントン・チェーホフ 163/365

1896年の「かもめ」初演は散々だった。

ジョージ・ワシントン 162/365

ワシントンが決めたことは現在でも受け継がれている。

福音書 161/365

ヨハネによる福音書は、イエスが死んだ責任はユダヤ人にある、と主張する人たちの、根拠となっている。

ジョン・ロック 160/365

彼はイギリス国王に反対するプロテスタント側に与していたため、オランダに亡命した経験もある。

ソナタ形式 159/365

ソナタ形式は「提示部」「展開部」「再現部」に分かれており、とりわけ「展開部」において、作曲家たちは己の腕を競い合った。

催眠状態 158/365

専門家の多くは、車の運転とテレビの視聴を催眠状態だと考えている。

葛飾北斎 157/365

彼は「北斎」という名前を、46歳で名乗るようになった。

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

ベンジャミン・フランクリン 155/365

彼はアメリカ独立宣言と、合衆国憲法の両方に署名した偉人だ。

イエスの復活 154/365

墓にイエスの死体はなく、弟子たちの前に現れた復活したイエスは約40日後、昇天して永遠に消えた。

認識論 153/365

信念は、イコール知識にはなり得ない。

義肢装具士の沖野さん(OSPO)にお話をうかがいました

いや、まず、自分の膝がどうなってるかが見えないんです。

モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』 152/365

モーツァルトはドン・ファンを選んだ。

マリー・キュリー 151/365

彼女は二度、ノーベル賞を受賞している。

タージ・マハル 150/365

言い伝えによると皇帝は、自らを死後に葬るための、黒大理石の墓を対岸に建てるつもりだったらしい。

『すばらしい新世界』 149/365

小説のタイトルは、「テンペスト」から取られている。

ギター殺人者の凱旋はなぜにそんなタイトルになったのか

だいたい「ギター殺人者」っていう日本語がおかしい。「底抜け一等兵」とか「兵隊やくざ」のノリですよねこの命名って。

ピョートル大帝 148/365

彼はひげを禁止した。

イエスの磔刑 147/365

イエスは激怒していた。

時間 146/365

つまり「今」とは「ここ」と同じようなもの、ということである。

モーツァルトの『レクイエム』 145/365

1791年7月、彼の家に、見知らぬ男性がやってきた。

ワクチン 144/365

キリスト教は、ワクチンに当初、反対していた。

『真珠の耳飾りの少女』 143/365

目と口に、わずかに塗られた白とピンク。

ポストモダニズム 142/365

ポストモダニズム文学における様々な挑戦は今も続いており、まだ終わっていないと考えられている。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031