フランス革命 176/365

しかし、王政の時代よりも、多くの血が流れた。

東方正教会 175/365

口承の伝統が強いので、カトリックほど、聖書に頼らない。

自由主義 174/365

自由主義とは、規範理論だ。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートベン 173/365

彼は手紙に「私の心の中にあるものは出てこなくてはならず、だから私は曲を作るのです」とつづっている。

生殖 172/365

そうでないと、すべてが滅んでしまう。

フランシスコ・デ・ゴヤ 171/365

ゴヤはスペインの政治情勢に絶望していた。

ヴァージニア・ウルフ 170/365

彼女は第一次世界大戦の残虐性に衝撃を受け、19世紀から続く写実的な文学の原理では、戦後の世界を描くことはできないと断じた。

トマス・ペイン 169/365

疲れを知らぬ言論活動は、時に批判者からの尊敬すら勝ち取った。

カトリック教会 168/365

洗礼・堅信・聖体・許し・病者の塗油・叙階・婚姻。

人格の同一性 167/365

ではそれらを何らかの外科手術で移し替えたら、それは同一人物なのか。

モーツァルトの『ピアノ協奏曲第21番』と『交響曲第41番』 166/365

モーツァルトはウィーン時代に、ピアノ協奏曲を17曲作った。

認知的不協和 165/365

大学のサークルの新入生のいたずらにも、認知的不協和の原理が働いている。

ロマン主義 164/365

過去の異なる様式を融合させるのも、その手法の特徴と言える。

アントン・チェーホフ 163/365

1896年の「かもめ」初演は散々だった。

ジョージ・ワシントン 162/365

ワシントンが決めたことは現在でも受け継がれている。

福音書 161/365

ヨハネによる福音書は、イエスが死んだ責任はユダヤ人にある、と主張する人たちの、根拠となっている。

ジョン・ロック 160/365

彼はイギリス国王に反対するプロテスタント側に与していたため、オランダに亡命した経験もある。

ソナタ形式 159/365

ソナタ形式は「提示部」「展開部」「再現部」に分かれており、とりわけ「展開部」において、作曲家たちは己の腕を競い合った。

催眠状態 158/365

専門家の多くは、車の運転とテレビの視聴を催眠状態だと考えている。

葛飾北斎 157/365

彼は「北斎」という名前を、46歳で名乗るようになった。

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

ベンジャミン・フランクリン 155/365

彼はアメリカ独立宣言と、合衆国憲法の両方に署名した偉人だ。

イエスの復活 154/365

墓にイエスの死体はなく、弟子たちの前に現れた復活したイエスは約40日後、昇天して永遠に消えた。

認識論 153/365

信念は、イコール知識にはなり得ない。

義肢装具士の沖野さん(OSPO)にお話をうかがいました

いや、まず、自分の膝がどうなってるかが見えないんです。

モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』 152/365

モーツァルトはドン・ファンを選んだ。

マリー・キュリー 151/365

彼女は二度、ノーベル賞を受賞している。

タージ・マハル 150/365

言い伝えによると皇帝は、自らを死後に葬るための、黒大理石の墓を対岸に建てるつもりだったらしい。

『すばらしい新世界』 149/365

小説のタイトルは、「テンペスト」から取られている。

ギター殺人者の凱旋はなぜにそんなタイトルになったのか

だいたい「ギター殺人者」っていう日本語がおかしい。「底抜け一等兵」とか「兵隊やくざ」のノリですよねこの命名って。

ピョートル大帝 148/365

彼はひげを禁止した。

イエスの磔刑 147/365

イエスは激怒していた。

時間 146/365

つまり「今」とは「ここ」と同じようなもの、ということである。

モーツァルトの『レクイエム』 145/365

1791年7月、彼の家に、見知らぬ男性がやってきた。

ワクチン 144/365

キリスト教は、ワクチンに当初、反対していた。

『真珠の耳飾りの少女』 143/365

目と口に、わずかに塗られた白とピンク。

ポストモダニズム 142/365

ポストモダニズム文学における様々な挑戦は今も続いており、まだ終わっていないと考えられている。

フランス王ルイ14世 141/365

国王が絶対的権力をほしいままにする体制を作ったが、それ自体が、フランス革命への道を作ることになった。

最後の晩餐 140/365

イエスは、この晩餐の後、みずからにどんな運命が迫るのかを知っていた。

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 139/365

それを「充足理由律」と名付けた。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 138/365

幼少の頃から天才として生きたモーツァルト。

重力 137/365

「宇宙酔い」は、それが原因で起こる。

レンブラント 136/365

プロジェクトによる調査の結果、レンブラントの絵画と言われるもののうち、約350点だけが彼の真作だと判定されることになった。

『カンディード』 135/365

ヴォルテールの交友関係は広い。

ウェストファリア条約 134/365

プロテスタントとカトリックの間の、宗教紛争として始まった30年戦争に、ヨーロッパの領主たちはうんざりし、ドイツのウェストファリアで平和条約を結ぶことになった。

マグダラのマリア 133/365

これが、「イースターの卵」を贈る習慣の由来だと言われている。

アプリオリな知識 132/365

1+1=2、は、アプリオリな知識なのだろうか。

ハイドンの『ロンドン交響曲』 131/365

中でも104番「ロンドン」は、古典派交響曲の最高傑作と言われる。

宇宙についての雑談

だから、「雑談しておかないといけない」。

チャールズ・ダーウィンと自然選択 130/365

彼の母は、あのジョサイア・ウェッジウッドの娘である。

バロック美術 129/365

バロック美術は普通、「演劇的」「感情に訴える」「ダイナミック」「荘厳」などと形容される。

『高慢と偏見』 128/365

彼女が描いた人物たちの描写は、それまでの小説と違って生き生きと人間の生を感じさせた。

イギリスの北アメリカ植民地 127/365

この、最初の考え方の違いのようなものが、今日のアメリカ人の、アイデンティティに残る緊張状態の根源だと言う人もいる。

使徒 126/365

この「岩」が何を指しているのか、いまだに議論がある。

バールーフ・スピノザ 125/365

これは当然、17世紀のヨーロッパで受け入れられることは難しかった。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン 124/365

これ以外に、失われたものが何百もあるという。

けっきょく老人暴走自動車はどうすればいいのかわからんぞ?

なかなか、乗り越えられない壁、です。

アルバート・アインシュタイン 123/365

彼は2代目の、イスラエル大統領に推されたこともある。

ラファエロ 122/365

サン・ピエトロ大聖堂の改築時には監督になった。

『TOXIC VOL.1』、販売開始。

こちらのストアから購入していただくことが可能です。

サルマン・ラシュディ 121/365

現在は無神論者だと言われている。

ほんとうに放射線副読本は回収すべきだったのか

「生の声」ってじゃあ、いったいなんでしょう。

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930