見たもの、思うこと。

今さらながら「キングダム」ぜんぶ読んだム。

キングダム 49 (ヤングジャンプコミックス)

2018年1月、ようやく追いつきました48巻。
読みました全巻。

 

秦の始皇帝、嬴政(えいせい)が成し得た、中国全土統一へのすさまじい戦い。「始皇帝」と呼ぶというのは、「皇帝という呼び名を使い始めた人」という意味でもあるんですね。あの万里の長城をはじめ、その後、長く続く制度改革も成し遂げたんですね。そう言えば「グレート・ウォール」っていう映画は、マジでめちゃくちゃでもうw

そう言えばアメトーークでの「キングダム芸人」の時点では、まだ読んでなかったので「ああ、それは熱い話なんだろうな」という感じでしかなったのです。

中国がモチーフだからと言ってこれは自己責任でよろしく。

【Ametalk】150528「Kingdom艺人」【人力字幕组】
ttps://www.bilibili.com/video/av3399103/

そう言えば印象的なエピソード、ありましたよね。
作者の原泰久先生が、連載当初、人気の低迷で掲載場所も後半に滞りがちなキングダムについて、「スラムダンク」「バガボンド」の井上雄彦先生にアドバイスを求めたと。「この人気のなさはどうしたらいいんでしょうか」と正直に聞いたと。

「ストーリーじゃない。絵だ。」

「え?」

「絵じゃねえよ目だよ目。信の黒目を大きくしろ。」

「はい」

「ストーリーはもういいから、とにかく信の目だよ」

と。

信(しん)というのは、主人公、飛信隊の隊長である信(しん)。

コミックナタリーのインタビュー
https://natalie.mu/comic/pp/kingdom

目の玉を大きく書いたら、いえその後の原先生の努力がもちろんあって、俄然、人気が出始めたと!すげえ!

中華統一は秦の始皇帝が紀元前221年に初めて成し遂げた、っていうくらいなのでそれまではもう、中華全土は群雄割拠っていうか戦乱、とにかく激しい戦乱の世。韓、趙、魏、楚、燕、斉、そして秦。その後、秦が滅びるとすぐにまた群雄割拠に。それぞれ各地に王朝ができて、あの「項羽と劉邦」が出て来てまた統一国家「漢(かん)」ができる。漢字の漢、ですね。でそれが滅びる過程がこれまた群雄割拠で「三国志」でしょう?で、猛烈な統一王朝「魏(ぎ)」が出来る。

この魏(ぎ)の時代に書かれたのが「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」ですよね。卑弥呼とか、金印とか。漢委奴国王、とか。
ということは漫画「キングダム」の時代、日本はどんな感じだったんでしょう。

 

完全に弥生時代。まだ文字もないぞ。

ローマあたりでは、あのハンニバルが大暴れしてた時代。
この漫画「アド・アストラ」の時代です。

大地を揺るがす天才の激突。『アド・アストラ』。

 

日本って、遅れてたんですね。

というかよく追いついたんですねっていう感じ。

「皇帝」の真似をして「天皇」っていう名称を考えて、漢字とか仏教とかを輸入したあと、中国にもなかった「ひらがな」とか「カタカナ」まで考案した。でも「科挙(かきょ)」と「宦官(かんがん)」はなぜか取り入れない。なんなんでしょうね、その判断というか。

例えば宦官は、「羌(きょう)」とも呼ばれていたらしいです。「羌」じたいが、男性の局部を切った姿を表してたんだと。違ったかな。「二輪馬車の御者」という意味であるとも書いてありますね。とにかく中華(中国の中央部)の民にとって、全方位に住んでいる違う民族は「北狄・南蛮・西戎・東夷」と、すべて蛮族だった。「ホクテキ・ナンバン・セイジュウ・トウイ」。
だから捕まえたら何してもいいっていうことで、局部を切ってた。民族を反映させない仕打ちと、従順で、後宮でも働ける存在。そう考えると、日本では、捕まえてもまず全員同族ですからね。局部を切ってまで民族ごと殲滅させるというような発想に、ならなかったんでしょう。そして科挙は、官吏選別試験でしょう。言ってみれば学歴主義。これも、日本は世襲主義が根付きすぎてて、採用されなかったんでしょう。ちなみに日本は、中国にとっては完全に「東夷」でした。

そして、秦もそう、漢もそう、その後1912年になくなる「清(しん)」まで、王朝が変われば前の王朝は皆殺し、になってたんですよね。家が違うから。「キングダム」の時代もそうですが韓(かん)・趙(ちょう)・魏(ぎ)・楚(そ)・燕(えん)・斉(せい)・秦(しん)、どの王朝が勝っても他の家は殺しまくられ、逃げ残った一族は恨みを抱き続け、まさに臥薪嘗胆(がしんしょうたん)。

この四字熟語じたいが、もっと昔、「薪の上で眠り、苦い胆(きも)を嘗(な)めて耐える」というような、「いつか復讐してやるぞコラ」という恨みを込めた故事だそうですから、もう、「コロシアイ、ウラミアイ」の歴史、なんですよ、4000年。

それに比べると、一応「万世一系」の建前を貫き通している日本の天皇家では、建前上、一度もその王権はひっくり返ってない。王朝の名前も秦→漢→新→魏みたいに、変わったこともない。

地理的には近い国なんだけど、こんなに文化の違いがあるのって不思議ですね。
そう言えば昔、サミュエル・ハンティントン氏が『文明の衝突』という著作で、世界を驚かせました。

アフリカ文明・ラテンアメリカ文明・西欧文明・東方正教会文明・イスラム文明・ヒンドゥー文明・そして中華文明に分けた。ここまででもじゅうぶん画期的だったと思うんですが、ハンティントン氏はここにもう一つ、「日本文明」というのを付け加えたんですね。決して日本は、中華文明圏に属する場所ではない、と。

今ではこの「文明の衝突」論には否定的な意見も多くあったりするそうです。

でも文明論で分けて行くと、どうも中国・韓国の文化と日本の文化は混ざらない、と考えることは可能ですよね。日本は仏教や鉄器など、文化的に中国から多くを学び、影響下にあったはずなんですが、どこかでその影響を脱して、独自の文明を築いた。それは単純に「日本なんなんだすごいな!」ってことでもあるんだけれど、史実としては残っていない日本の弥生時代、「キングダム」ではものすごい発展してる中華文明とは比べる事もできないほどだろうけど、やはりかなり「文字以外」は熟してたんじゃないかなぁという想像を、してしまいますね。ひらがな・カタカナなんて、それを表現するための「何か」がすでに無いと、成立しないと思うんです。

 

とにかく線の圧力がすごい「キングダム」。

男なら、女なら、グググググッッと胸が熱くなることウケアイ。

それにしても人の単位がすごい。
何十万人単位で軍勢がぶつかり、何万人単位で人が死ぬ。
これって、「史記」を始め、もちろん歴史書が下敷きになってるでしょう?
それを忘れそうになるんですが、戦争の当事者ではないというか、当たり前ですけど「死んでない人」が書いた記述なんですよね。「キングダム」はものすごく迫力ある画なので、うおおお〜っていう感じに読者はなるんですが、そのカメラワークというか、画角を覗いている作家としての「神の視点」はあるものの、それ以外に歴史的な「これを冷静に想像してる人」の視点も混ざっているように感じるんです。

絶対に、あのひと塊りに描かれている「一兵卒」が、生き残って書いているという感じはしない。最初から絶対に死なない場所にいる、貴族視点というか別世界視点がある。
それを通して読んでいるから、あまり「残酷さに目をそむけたくなる」っていう感じにならないんですよね、たぶん。

どう思います?

49巻はいつ出るんでしたっけ。
というか中華統一する頃、何巻くらいになるんですっけ。
原先生、長生きしてください。我々も健康に気をつけて頑張ります。

 

 

 

まちょっと、これは欲しいスわな。







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【蚊取り線香編】

あれ?こんなだったかな…
こんなギウギウな感じだったかな…

namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~

安室奈美恵だけが持つ魅力とは、なにか。

徳川家康

そこからそこまでを、やる!?『徳川家康』。

そこからそこまでなの!!!!?

この先、地球はこの先どうなってしまうのか

まずもう、動物なんか生きていくの無理。
海もないんですから。
オール全滅。

シン・ゴジラ

ポリティカル・フィクションとしてのシン・ゴジラ

緊急の課題として今後の対応を検討する中、国平内閣副総理大臣兼外務大臣が「駆除でよろしいかと」、葉山経済産業大臣が「賛成ですね」と発言し、金井内閣府特命担当大臣(防災担当)と河野総務大臣が「私も駆除に同意します」と言い、「そうだろ!防衛省!」と振られた松本防衛省運用政策統括官が「えー、過去、有害鳥獣駆除を目的とした出動は幾度かありますが海自による東京湾内での火器の使用は前例もなく、なんとも…」と顔を曇らせ、柳原国土交通大臣が「まぁまぁ、ことを荒立てず、穏便に追い出せないのか」と楽観論を出し、菊川環境大臣が「総理。各学会と環境保護団体が、貴重な新生物として捕獲・調査を提言しています。定置網を至急湾内に用意して欲しいそうです」と言い出します。金井内閣府特命担当大臣(防災担当)は「いや、ここは駆除だ。魚雷とか使えばすぐ済むだろ」と水を向けるとそれを受けた花森防衛大臣は「お気持ちはわかりますがここは、火器使用も含め本省に検討の時間をいただきたい」と強めに返します。それに便乗するように関口文部科学大臣が「私からも是非とも捕獲を視野に入れた検討を願います」という発言があります。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031