「 科学・技術 」 一覧

和時計 207/365

それを「和時計」という。

『解体新書(ターヘル・アナトミア)』 200/365

日本最初の本格的な解剖学書。

蘭学 193/365

江戸時代の鎖国の中、オランダから輸入された学術と文化を「蘭学」と呼ぶ。

平賀源内 186/365

最後は獄中で、破傷風にかかり亡くなった。

和算 179/365

江戸時代に飛躍的に発展した。

『農業全書』 172/365

日本では江戸時代に、農業生産の技術革新が起こった。

暦 165/365

天体の運行をデータ化したもの。

貝原益軒 158/365

彼は『養生訓』の中で、「三楽」を提唱した。

水道 151/365

上水道建設の成功があって初めて、江戸は100万都市に成長した。

天守 144/365

5重以上の天守を作ったのは織田信長が最初である。

石垣 137/365

石を積む技術は古墳時代に生まれ、大きな進化を遂げた。

鉄砲 130/365

鉄砲は、種子島に伝来する以前から日本に伝わっていた。

肥料 123/365

一般的には下肥や灰、また緑肥が使われた。

火薬 116/365

元寇との戦いで、日本は初めて「震天雷(てつはう)」に触れ、火薬を知ることになった。

日本刀 109/365

「折れず・曲がらず・切れる」の三拍子を揃えている。

『医心方』 102/365

全30巻。

『本草和名』 095/365

本草とは「自然由来のもの」といった意味である。

治水 088/365

治水は、水害から人民を守り、収穫高を上げるために必須のハイテク技術である。

発酵 081/365

醤油・みりん・味噌・酢などは和食には欠かせない。

染物 074/365

染色技術は日本で独自の発展を遂げ、江戸時代に中期には友禅染の生産が始まった。

織物 067/365

日本の織物の歴史は縄文時代に遡ることができる。

武具 060/365

短甲は日本独特の武具である。

武器 053/365

Assassin’s Creed アサシンクリード アサシンブレード仕込み籠手   鉄器の登場は、農作業の効率を飛躍的に向上させた。 それと同時に、武器の性能も向上することになっ …

宮大工 046/365

歴史的木造建築が、1000年を経て現存するのは日本だけである。

農具 039/365

製鉄技術が発明されたことで飛躍的に収穫量は向上し、人類は現代に至るまでに進歩するきっかけを得た。

酒造 032/365

縄文式竪穴から酒坑が見つかっている。

和船 025/365

地域で取れる木材によって、地方で独自の形状を持っていた。

鍛冶 018/365

たら製鉄で作られた高純度の玉鋼は酸化に強い。

鋳物 011/365

「金属を加工する」という方法を編み出したことで、人類の文明は飛躍的に発展した。

古墳 004/365

前方後円墳は日本だけのオリジナルの形である。

■TRANSLATE



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓






afbロゴ