「 自然 」 一覧

水辺の生き物 211/365

固有種としては、ジムグリやニホントカゲなどがいる。

日本人と昆虫 204/365

江戸時代には虫売りが町で行商するスタイルも生まれた。

日本人と島 197/365

江戸時代には品種改良されたジュウシマツや、海外から輸入したオウムなども飼育対象になった。

河川の生き物 190/365

「川魚漁師」と呼ばれた淡水魚の専業漁師は、現在はほとんどいない。

ウナギ 183/365

世界で獲れるウナギの7割を日本人が食べていると言われる。

クジラ 176/365

日本はIWC(国際捕鯨委員会)から脱退し、商業捕鯨を続けている。

ヤマネコ 169/365

縄文後期には本土にもオオヤマネコがいたことがわかっている。

日本犬 162/365

「越の犬」は1971年に絶滅した。

外来種 155/365

日本の「外来生物法」の定義によれば、明治元年に移入された生物を指す。

絶滅種と絶滅危惧種 148/365

ニホンオオカミは1900年ごろ絶滅した、日本固有の種である。

固有の動植物 141/365

地域的に断絶した日本列島には、大陸には存在しない固有種が多数存在する。

里山 134/365

経済の盛衰とも無関係ではない。

農業 127/365

生産性を高めることが生活の質を上げ、租税を基礎とする社会は国家の強さと比例した。

照葉樹林 120/365

太陽の光を受けると葉が輝いて見えることからこの名で呼ばれる。

針葉樹林 113/365

植林された針葉樹林は放置され、今ではスギ林は花粉を出すだけのものとなっている。

広葉樹林 106/365

しかし現在は、森林の40%が針葉樹林にとって代わられている。

四季 099/365

春夏秋冬の4つの季節。

気候 092/365

最大の大陸・ユーラシア大陸と、最大の海洋・太平洋の境界に位置する日本列島は、独特の気候を有した国である。

瀬戸内海 085/365

古代から海運交通に利用され、肥沃な漁場としても有名。

日本海 078/365

平均水深は1,752m、最深部は3,742mの、日本のもう一つの玄関口。

海流 071/365

親潮と黒潮のぶつかる潮目は、プランクトンが大量発生する。

名川 064/365

多くの文明は、川とともに出来上がった。

名山 057/365

日本百名山の選定の基準は「山の品格」、「山の歴史」、「山の個性」である。

平野(関東平野) 050/365

含有する鉄分が風化によって酸化している「赤土」が特徴である。

山地 043/365

日本は、国土の75%が山地である。

地震 036/365

日本には、活断層が約2,000カ所発見されている。

火山 029/365

火山の被害は古来から大きいが、その恩恵も受け取っている。

フォッサマグナ 022/365

日本の雄大な景観は、フォッサマグナのおかげとも言える。

海岸線と海域 015/365

総延長は34,000kmにも及ぶ。

日本列島の形成 008/365

地球上の7%の火山が、日本列島にある。

富士山 001/365

登山道を除く8合目以上は、富士山本宮浅間神社の私有地(境内)である。

■TRANSLATE



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓






afbロゴ