見たもの、思うこと。

プレデター進捗その8、あんたはハンターのハンター

ザ・プレデター

最新作(2018)。

これは、普通名詞としての「プレデター(捕食者)」ではなく(進捗その7を参照)、本家本元、正真正銘の「あれでっせ」を全面に押し出した最新作。
だから「ザ」がついてるんですね。

逆に、第1作(1987年)の作品には「the」がついていません。
それは、一般名詞としての「捕食者」というタイトルで、不気味さを表現してたということですよね。「捕食者?捕食?何だよそれこわい」っていう。

今は全世界的にプレデターと言えばあのプレデターなので、今さらさらっと「捕食者」へ戻ってしかも映画のタイトルとしてそれを使うなよ(進捗その7を参照)…、という、特別な単語になっています。

 

今回は「あの」プレデター。

こういうタイプの映画には、必ず科学者とか研究者が出てきて信じられないスピード感のものすごい物分かりの良さを見せるんですが、今回も政府側(?)の軍事組織(スターゲイザー)の研究者であるウィルが「プレデターだ。あだ名だ」と、プレデターという名前をつけてしまっています。すごい、偶然か?一般名詞として「狩りが好きなので」という理由ならば絶対に「ハンター」になるんじゃないの。1987年以降、「捕食」してる例はなくて人類を殺してるだけなんだから「slaughterer」とか「butcher」とかを思いつくならわかるけど。シリーズを観てるかのような物分かりの良さ。好きです。

本作では、プレデターシリーズで初めて「プレデターらが地球に来る目的」が明かされます。レベルの乖離した科学技術で、言語すら理解できないテクノロジーの高さを持つ地球外生命体の持つ概念に対して、その辺りもすさまじく物分かりがいいなぁと思います。

その科学技術の絶望的格差を、「サヴァン症候群の天才子供」というアイデアでさらっとすべてを乗り越えようとしてるのもなかなかにワイルドです。よくわからんけどなんか彼らってすごいんでしょ的な。

途中、プレデターのこわい方のやつが、英語に翻訳してメッセージを送るという超絶親切シーンが出てきます。あんなにこわい人(宇宙人)の言うこと、あんまり鵜呑みにしない方がいいような気もするんですけど、目的は「遺伝子を採取し、進化すること」だったと。

小さい方のプレデターを殺しに来た大きい方すら倒せるとんでもない武器(アイアンマン的なやつ)を、小さい方は地球に残します。

おお…みたいな、希望が残るラストシーンなわけですが、「え、そんなにすごいのならお前が最初から身につけてればいいじゃないか」という気もふつふつと観賞後に湧いてきて、涼風が胸に吹いてきます。

最後の方には逃げ惑う登場人物がプレデターに向かって「エイリアンだー!」って叫んでるシーンがあったりして、しょうがないけどそれは言っちゃダメなんじゃないの…?って思ったりもしました。普通名詞としてのエイリアン((異星人))なんだろうけど、じゃあ「エイリアンVS.プレデター」は「エイリアンVS.エイリアン」になっちゃうじゃないか…なんて。

でもだいたいの人類はプレデター、初見ですから、それが正しいんですよね。
異星人としか呼びようがない。それだけに、研究施設でつけられたあだ名「プレデター」は、余計な設定なんじゃないの、って思えてきます。

やっぱり怖かった一作目

「プレデターの恐怖」というのは、「何をやってるやつかわからない。とにかく何もかもわからない。だけどめちゃくちゃに強くてまっしぐらに怖い」という存在に対する恐怖だったんですよね。

だから逃げ惑う人類、そして極限状態で闘う人類を描くというのが、プレデターの醍醐味でした。
2018年にもなるともはや「宇宙人の目的」もわかって、その方法も手段もわかって、それに対する対処法もわかって武器まで手に入る。

確かに最初の「よくわからん」では何も考えてないように思われるでしょうし、考えすぎて設定をつめすぎると物分かりが良すぎるとか言われる…。難しいんですねえ。

もう倒せる武器まで手に入った(あとは科学技術的に追いついてこれを横展開していくだけだ!)ので、渡来するプレデターは怖くなくなってしまいました。

そうなると、続編が作られるとしたら、プレデター側(宇宙のどこかで)の話にするしかないんじゃないですかね。そうなると人類虐殺もしないわけだからもう「プレデター」ではないわけで、「トラベラー」ぽいタイトルになるのか…。

「トラベラー・フォーマリー・ノウン・アズ・プレデター」みたいな。

 

 

Huluで見たんですけど、Amazonではまだレンタルですねえ。

 

 

 

プレデター進捗その7、小人閑居為不善。

 

プレデター進捗その6、人類はもうだめだ

プレデター進捗その5、なぜかカウボーイと…

プレデター進捗 その4〜そして約束の地へ〜

 

プレデター進捗 その3、と忍者

プレデター進捗 その2〜エイリアンの不可解〜

どんな動画も早送りできる機能拡張とプレデター







-見たもの、思うこと。
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

十二国記を読む

「おれ、そういうの、やなんだよ。人よりも不幸なこと探してさ、ぜーんぶそれのせいにして居直って、のうのうとしてるのって」

シン・ゴジラ

ポリティカル・フィクションとしてのシン・ゴジラ

緊急の課題として今後の対応を検討する中、国平内閣副総理大臣兼外務大臣が「駆除でよろしいかと」、葉山経済産業大臣が「賛成ですね」と発言し、金井内閣府特命担当大臣(防災担当)と河野総務大臣が「私も駆除に同意します」と言い、「そうだろ!防衛省!」と振られた松本防衛省運用政策統括官が「えー、過去、有害鳥獣駆除を目的とした出動は幾度かありますが海自による東京湾内での火器の使用は前例もなく、なんとも…」と顔を曇らせ、柳原国土交通大臣が「まぁまぁ、ことを荒立てず、穏便に追い出せないのか」と楽観論を出し、菊川環境大臣が「総理。各学会と環境保護団体が、貴重な新生物として捕獲・調査を提言しています。定置網を至急湾内に用意して欲しいそうです」と言い出します。金井内閣府特命担当大臣(防災担当)は「いや、ここは駆除だ。魚雷とか使えばすぐ済むだろ」と水を向けるとそれを受けた花森防衛大臣は「お気持ちはわかりますがここは、火器使用も含め本省に検討の時間をいただきたい」と強めに返します。それに便乗するように関口文部科学大臣が「私からも是非とも捕獲を視野に入れた検討を願います」という発言があります。

第七章が始まったど。『ゲーム・オブ・スローンズ』

基本的に、「夏と冬が、一度どちらかが始まると止まらなくなる世界」なんですよ設定として。

10万個の子宮

HANSとはなんぞや?『10万個の子宮』。

厚生労働省はとりあえず早く、定期接種すべきワクチンでありながら「勧奨しているワクチンの積極的勧奨は行わない」というわけのわからない状態を改善すべきだし、そうでないならそうでない理由を、はっきり全国民に示すべきだ、ということですね。

db

来た見た買った「DAVID BOWIE is」(3回目)

そして、それは実現した。ボウイにしかできないボウイ越え。



書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30