「 文学 」 一覧

『太平記』 129/365

作者・成立年、ともに不詳。

平将門 128/365

平安時代中期の武将。

農業 127/365

生産性を高めることが生活の質を上げ、租税を基礎とする社会は国家の強さと比例した。

山岳信仰(山伏/修験道) 126/365

土着の信仰と道教・仏教・陰陽道などが習合し、独特の信仰に発展した。

弓道 125/365

大正時代に学校の科目として復活、1918年ごろから「弓道」と呼ばれ出した。

中尊寺金色堂 124/365

奥州藤原氏の藤原清衡は、その財力と法華経への強い信仰をベースに、中尊寺を発展させた。

肥料 123/365

一般的には下肥や灰、また緑肥が使われた。

『徒然草』122/365

吉田兼好(兼好法師)の随筆集。

摂関政治・院政 121/365

平安時代、藤原氏が政治の実権を握った。

照葉樹林 120/365

太陽の光を受けると葉が輝いて見えることからこの名で呼ばれる。

神と仏 119/365

日本では長く、神仏習合が行われてきた。

柔術(柔道) 118/365

柔術とは柔道の元となったもの。

鎌倉絵巻 117/365

鎌倉時代になると、合戦絵巻が盛んに作られるようになった。

火薬 116/365

元寇との戦いで、日本は初めて「震天雷(てつはう)」に触れ、火薬を知ることになった。

『平家物語』 115/365

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」で始まる軍記物語。

菅原道真 114/365

藤原時平との権力争いの結果、太宰府に流され、そこで没した。

針葉樹林 113/365

植林された針葉樹林は放置され、今ではスギ林は花粉を出すだけのものとなっている。

空海 112/365

密教を完全な形で日本に伝えた。

剣術(剣道) 111/365

剣道は剣術から生まれた。

運慶と快慶 110/365

慶派の仏師。

日本刀 109/365

「折れず・曲がらず・切れる」の三拍子を揃えている。

鴨長明 108/365

『方丈記』の作者。

坂上田村麻呂と阿弖流爲 107/365

坂上田村麻呂は二人の助命を進言したが、朝廷は聞き入れず、斬刑に処された。

広葉樹林 106/365

しかし現在は、森林の40%が針葉樹林にとって代わられている。

最澄と比叡山 105/365

天台宗の開祖。

香道 104/365

香炉は一人「三息」である。

浄土式庭園 103/365

人々は浄土を求め、その具現を庭園として鑑賞した。

『医心方』 102/365

全30巻。

西行 101/365

本名・佐藤義清。

平安遷都 100/365

それが疫病の原因ともされ、凶事から根本的に逃れるには、遷都しかなかった。

四季 099/365

春夏秋冬の4つの季節。

鑑真 098/365

6度目の密出国で来日は叶ったが、失明していた。

書道 097/365

奈良時代に筆・墨・紙の作り方とともに伝来した。

『鳥獣人物戯画』 096/365

作者や制作目的すら、確証あるものは何も無い。

『本草和名』 095/365

本草とは「自然由来のもの」といった意味である。

『今昔物語集』/『宇治拾遺物語』 094/365

ともに編者は判明していない。

大宝律令(律令制) 093/365

「律」は刑法。
「令」は行政法にあたる。

気候 092/365

最大の大陸・ユーラシア大陸と、最大の海洋・太平洋の境界に位置する日本列島は、独特の気候を有した国である。

儒教 091/365

孔子を祖とする思想。

華道(生け花) 090/365

室町時代中期に東山文化の影響で「立て花」が成立。

『源氏物語絵巻』 089/365

作者不明。

治水 088/365

治水は、水害から人民を守り、収穫高を上げるために必須のハイテク技術である。

『伊勢物語』 087/365

125段の歌物語。

行基 086/365

元正天皇は行基を「小僧(しょうそう)」と非難した。

瀬戸内海 085/365

古代から海運交通に利用され、肥沃な漁場としても有名。

須佐之男命(牛頭天王) 084/365

「素戔嗚尊」とも書く。

茶道 083/365

鎌倉時代にはお茶は高級品で、武士や僧侶、貴族にしか手にできないものだった。

平等院鳳凰堂 082 /365

京都府宇治市。

発酵 081/365

醤油・みりん・味噌・酢などは和食には欠かせない。

『小倉百人一首』 080/365

藤原定家による秀歌選。

奈良の大仏 079/365

752年の開眼供養には、1万人を超える参列者がいたという。

日本海 078/365

平均水深は1,752m、最深部は3,742mの、日本のもう一つの玄関口。

御柱祭 077/365

正式名は「式年造営御柱大祭」で、寅年と申年に行われる。

年祝い 076/365

「賀の祝い」「賀寿」とも言う。

やまと絵・唐絵 075/365

土佐派は一度途絶えたが、江戸時代に土佐光起が再興した。

染物 074/365

染色技術は日本で独自の発展を遂げ、江戸時代に中期には友禅染の生産が始まった。

『枕草子』 073/365

清少納言による随筆文学。

遣隋使・遣唐使 072/365

日本と隋との交易は、滅亡後、唐になっても続けられた。

海流 071/365

親潮と黒潮のぶつかる潮目は、プランクトンが大量発生する。

巫女 070/365

本来は神からの託宣を憑依、または脱魂して得る女性宗教者のことを指す。

七五三 069/365

11月15日は旧暦の二十八宿のうち、鬼宿と呼ばれる最吉日である。

曼荼羅 068/365

密教の真理をわかりやすく視覚化されたもの。

織物 067/365

日本の織物の歴史は縄文時代に遡ることができる。

『源氏物語』 066/365

作者である紫式部は幼少から才能を認められた女性で、藤原道長にも重用された。

聖徳太子(厩戸王) 065/365

「厩戸皇子(うまやどのみこ)」。

名川 064/365

多くの文明は、川とともに出来上がった。

祝詞 063/365

のりと。

お月見 062/365

満月は豊作の象徴として、お月見は作物の実りを祈る儀式でもある。

雅楽 061/365

雅楽の音色は、「 笙(しょう)は天界の妙音を響かせ、龍笛(りゅうてき)は空を翔け上る龍のようにこだまし、篳篥(ひちりき)が人の声のように笑う」と表現される。

武具 060/365

短甲は日本独特の武具である。

『蜻蛉日記』 059/365

現代にまでその影響を残す『蜻蛉日記』は、率直に女性の心情を書き綴る文学の最高傑作と名高い。

前方後円墳 058/365

北海道・青森・秋田・沖縄を除く都道府県から、4,700基が発見されている。

名山 057/365

日本百名山の選定の基準は「山の品格」、「山の歴史」、「山の個性」である。

祭 056/365

神に捧げる供物は初収穫されたものが霊力が特に強く、神を喜ばせるとされた。

お盆とお彼岸 055/365

お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略した言葉。

蒔絵と螺鈿 054/365

蒔絵(まきえ)と螺鈿(らでん)。

武器 053/365

Assassin’s Creed アサシンクリード アサシンブレード仕込み籠手   鉄器の登場は、農作業の効率を飛躍的に向上させた。 それと同時に、武器の性能も向上することになっ …

『竹取物語』 052/365

平安文学の入門編にして、のちの日本における物語文学の下地になった。

天皇家 051/365

世界で最古の歴史を持つ家系。

平野(関東平野) 050/365

含有する鉄分が風化によって酸化している「赤土」が特徴である。

神社 049/365

神道の祭祀施設。

七夕 048/365

しかし両方の星は7月7日、天の川を挟んで光り輝いている。

正倉院宝物 047/365

校倉造(あぜくらづくり)。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31