1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 芸術

民藝運動 362/365

投稿日:2021年12月28日 更新日:

思想家・柳宗悦が始めた収集・研究運動。

彼が作った言葉である「民藝」は、現在では民芸品、民芸料理など、広く一般的に使われている。

朝鮮で18世紀に作られた『染付秋草文面取壺」を見て、世界観に魅了されて運動を始めたという。

「本人は豊かで、民衆とはかけ離れた贅沢な暮らしをしている」と、北大路魯山人は真っ向から批判したが、彼は完全無視を貫いた。

 

※名もなき人々が生活の中で作った物が持つ「用の美」が民藝の価値である。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。「教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

祇園祭 175/365

疫病神を祀り、送り出す祭り。

平清盛(平家) 149/365

娘の徳子を高倉天皇に入内させ、生まれた安徳天皇の外祖父となった。

落語 306/365

上方と江戸の2つの流れがある。

華岡青洲 221/365

家族の犠牲(実母は死亡、妻は失明)の上に成功にたどり着いた。

菅原道真 114/365

藤原時平との権力争いの結果、太宰府に流され、そこで没した。

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ