1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 芸術

民藝運動 362/365

投稿日:2021年12月28日 更新日:

思想家・柳宗悦が始めた収集・研究運動。

彼が作った言葉である「民藝」は、現在では民芸品、民芸料理など、広く一般的に使われている。

朝鮮で18世紀に作られた『染付秋草文面取壺」を見て、世界観に魅了されて運動を始めたという。

「本人は豊かで、民衆とはかけ離れた贅沢な暮らしをしている」と、北大路魯山人は真っ向から批判したが、彼は完全無視を貫いた。

 

※名もなき人々が生活の中で作った物が持つ「用の美」が民藝の価値である。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。「教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

卑弥呼 037/365

三国時代の魏に使節を派遣し、「親魏倭王」の称号、金印、銅鏡100枚を贈られている。

花火 216/365

1242年に黒色火薬が発明され、ヨーロッパに広まった。

俳句 206/365

ただし子規は「古池や」の一句のみを「俳諧の歴史上最必要なる者」と絶賛した。

伊能忠敬 235/365

17年の歳月をかけて『大日本沿海輿地全図』を手がけた。

お盆とお彼岸 055/365

お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略した言葉。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ