1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 哲学・思想

本居宣長 315/365

投稿日:2021年11月11日 更新日:

江戸後期の国学者。

平田篤胤(ひらたあつたね)・加茂真淵(かものまぶち)・荷田春満(かだのあずままろ)と共に、国学の四大人に数えられる。

江戸時代には顧みられることがなかった『古事記』に注目し、注釈書『古事記伝』を執筆。「漢心(からごころ。中国思想や仏教的思考)」を排除して読むことを提唱し、神道にも影響を与えた。

 

※『古事記伝』最終巻(全44巻)が出版されたのは彼の死後、21年目のことだった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 哲学・思想
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

西行 101/365

本名・佐藤義清。

飛脚 335/365

信書、金銀、小貨物などを輸送する脚夫。

節分 020/365

社寺では毎年、年男が大豆を炒ってまく、という行事を行っていたが、この行事と「鬼やらい」が結びついたものだと思われる。

枯山水 145/365

平安後期から流行し始めた山水画の具現化、とも言える。

鉄道 270/365

品川駅〜横浜駅間で仮営業が始まったのが1872年。

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ