1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 自然 歴史 文学 科学・技術 芸術 伝統・文化 哲学・思想

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365

投稿日:2021年12月31日 更新日:

 

大晦日、『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365』を完読いたしました。

「1 富士山」から始まって「365 宮古諸島・八重山諸島」まで、勝手に読んで勝手にブログに書くという1年マラソンを始めてしまい、途中は「別にもういいのでは?」と他人事のような気持ちになったりもしましたが、無事終わりました。

勝手に始めて勝手に更新のめんどくささに苦しんで勝手にやり遂げたことなので、誰に礼を言う義理もありませんが、なんとなくありがとうございました。

『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365』の記事たちへ。

 







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 自然, 歴史, 文学, 科学・技術, 芸術, 伝統・文化, 哲学・思想
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

藤田嗣治(レオナール・フジタ) 348/365

「私が日本を捨てたのではない、日本に捨てられたのだ」と語った。

肥料 123/365

一般的には下肥や灰、また緑肥が使われた。

武士道 308/365

学術用語ではなく、用いる人によって意味合いが異なるので、定義の難しさがある。

白隠慧鶴 236/365

臨済宗中興の祖。

『蟹工船』(プロレタリア文学) 297/365

機関紙『戦旗』に掲載されたのが、小林多喜二の『蟹工船』である。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ