1日1ページ、世界の教養365

中世/初期教会音楽 026/365

Gregorian Chant

中世のフランス南部では、宮廷詩人(トルバドゥール)たちが、宗教色のない世俗的な歌を作っていた。

それに対し、教会では史上初めてとされる、譜面に書かれた「単旋聖歌」が作られた。ミサで歌うためには、繰り返し不特定多数で歌うためには、譜面に書いて共有することが必要だったのだろう。

ミサで唱える典礼文には、「通常式文」と「固有式文」がある。

通常式文は、
キリエ・エレイソン(哀れみの賛歌)
グロリア・イン・エクセルシス(栄光の賛歌)
クレド(信仰宣言)
サンクトゥス(感謝の賛歌)
アニュス・デイ(平和の賛歌)
イテ・ミサ・エスト(終わりの唱和)

の六つの祈りから成る。

固有式文は、
イントロイトゥス(入祭唱)
グラドゥアレ(昇段唱)
オッフェルトリウム(奉納唱)

など、特定の祭日やそれぞれの伝統に即して選ばれ、歌われる。

ほとんどが単声で作られてきた初期教会音楽は、やがて複声、多声用に工夫され、発展していくことになる。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イタリア・ルネサンス 092/365

ローマ帝国崩壊に始まった文化的な死(それはキリスト教の勃興と重なる)で、「暗黒の中世」と呼ばれた時代が終わった。

神殿と聖櫃 077/365

「第一神殿」は、紀元前586年、ネブカドネザル2世というバビロニア王の軍によって破壊された。

モダニズム 044/365

神がすべてを説明してくれると信じられていた時代から、世界にはわからないことだらけなのだ、という時代に進み、そのおかげで科学は発達してきた。

アーネスト・ヘミングウェイ 009/365

「老人と海」(1952年)を決め手として、ノーベル文学賞を受賞。

レコンキスタ 099/365

ヨーロッパは、イスラム勢力に奪われた。

書いてる人


Hulu


2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930