1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 自然

砂丘 323/365

投稿日:2021年11月19日 更新日:

1923年、鳥取に招かれた作家・有島武郎が「浜坂の遠き砂丘のなかのしてさびしきわれを見出でつるかも」と読んだ歌から「砂丘」という呼称は広まったとされる。

それまでは「砂地」「砂漠」と呼ばれていた。

日本三大砂丘の一つに数えられる鳥取砂丘は、中国山地を形成する花崗岩が風化し、千代川から日本海へ流出した後、潮流と卓越風によって海岸に戻ってきて集積してできる。

現在は天然記念物に指定されている。

 

※鳥取砂丘の広さは545ha。日本最大のものは青森県の猿ヶ森砂丘(1500ha)である。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 自然
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

雅楽 061/365

雅楽の音色は、「 笙(しょう)は天界の妙音を響かせ、龍笛(りゅうてき)は空を翔け上る龍のようにこだまし、篳篥(ひちりき)が人の声のように笑う」と表現される。

源頼朝(源氏) 156/365

清和源氏のうち、河内国を拠点にした河内源氏の7代目に当たる。

『本草和名』 095/365

本草とは「自然由来のもの」といった意味である。

葛飾北斎 299/365

有名な『富嶽三十六景』は60代後半から70代にかけての作である。

自由民権運動 331/365

「板垣死すとも自由は死せず」は有名な言葉になった。

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ