見たもの、思うこと。

ほんとアメリカ人てゾンビ好きね。「ワールド・ウォーZ」。

ワールド・ウォーZ (字幕版)ワールド・ウォーZ (字幕版)

基本的にゾンビの設定って、あんまり納得できないんですよね。
死体でしょう?
それがなんらかの力で生き返ってしまう、というところまではなんとか納得できるんですけど、あのパワーはいったいどこからくるのかと。

普通に生きてたって代謝するエネルギーは外部から取り入れないといけないのに、なんであんなに「常人以上」の馬鹿力が得られるのか、どういう説明も、たいていされてないんですよね。なんか分からんけど怖い。

確かに「生きてる人が、子供でも殴って倒せる」っていう弱さだと、いくらいたって一斉掃射でなんとかなるっていうことになるし軍の圧勝です。恐怖を煽るには「なかなか倒れないくらいに強い」でないと困るんですよね。

今まで観たゾンビ映画の中では、一番面白かったです、ほとんど観たことないですけど。あまり観たくない理由は上に挙げた通り、「御都合主義すぎるから」です。

で、たいていはどこかに追い詰められて閉じ込められた非ゾンビらが、恐怖に怯えながら戦って、中には恐慌をきたして団結を乱して飛び出して殺される奴が出て来たり、中で男女が吊り橋効果かなんか知らんけどブッチュ〜ってやってたりして(知らんけどw)、ゾンビ役の人らだけが「う〜」って頑張ってゆっくり外を歩いている。

死体なんで基本的に不潔でしょう、腐食してたりして。「歩くのゆっくりなのに馬鹿力」っていう、その理由がやっぱり納得できません。

この「ワールド・ウォーZ」は、観るまで知らなかったんですけどブラッド・ピット主演。
多くのゾンビ映画がそうであるように「超・局地戦」ではなく、ちゃんと、世界規模の恐怖と惨状を描いてくれています。

アメリカから韓国、イスラエルへ、とか。
その意味ではこのタイトルは、日本語訳すれば「世界Z大戦」という感じですね。

なにせ多くのゾンビ映画はニュース画面でその町以外の世界の都市を処理したり、中にはラジオだったりして。「通信が途絶える」っていうことにしてる。

「ワールド・ウォーZ」に出てくるゾンビは、超スピードで移動するダッシュ力がすごいです、そしてその大規模な様子が空撮(CG)で描かれていて、その迫力を感じます。

でも、ゾンビという設定がそもそも「よく分からない恐怖」によって成り立っているものなので、かなり考えられていると思いますが「ウィルスでなんとなく大丈夫」っていうのも「ふ、ふ〜ん…」ていう感じに、ならないこともないです。

しかしたぶん、ブラッド・ピットだから落ち着いて観ていられるさすがの存在感。
中でも秀逸だったのは、生き延び、世界を救うきっかけをつかむジェリー(ブラッド・ピット)が、けっきょく居残ることを選択した家族(ゾンビ化してしまう)に向かって言っていた、

「Movement is life(行動こそ命だよ).」

というセリフです。

動かないと生き残れないことを経験で知っている彼は、家族を思いながらも積極的に行動し、目を開き、解決の端緒を発見する。

このセリフ「Movement is life(行動こそ命だよ).」、やはり象徴的なものだったんでしょう、パラマウントの「Paramount Pictures International」のチャンネル
に、紹介のヘッダーとしてピックアップされていました。

行動する者が勝つ、っていうと「行動しないものは、勝たないだけ。負けはしない。多くを得ないだけ。」っていう読み取り方もできるかもしれませんが、

「行動しないものは死ぬ」んですね。

はい、わかりました。

Amazonプライムで観たのです。
何度も言わせてもらってますが、入った方がいいですよ(´⋆◡⋆`)
行動してくださいww

 

なんか分からんけど、パロディ動画もAmazonにあるんですけどこれは一体なんなの?どういうこと??

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-見たもの、思うこと。
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

TABICA

田舎体験は金出して買う時代

開催日 x 地域 x 目的、で検索するだけでもちょっと楽しい。

ですます、なのである。

どっちでもいいんじゃないか。

リア王

【追記あり】芸人は風刺をやれという寝言が聞こえたので目覚めた朝w

面白くないけどやれって?アホか?

MIRACLE GLITTER

TRICERATOPS “MIRACLE GLITTER TOUR “ Zepp DiverCity TOKYO

子供のころに肌身離さず抱いてたヌイグルミを、裁縫のウデを磨いてプロになった自分が、記憶をたどって改めて縫って作ってみた、みたいな「愛」、みたいなやつ。わかりにくいですかね。

さらに、Valentine’s Dayに寄せて。

「From My Cold, Dead Hands!」

書いてる人


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031