1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 哲学・思想

平塚らいてう 350/365

投稿日:2021年12月16日 更新日:

社会運動家・婦人運動家。
本名・平塚明(はる)。

彼女は成美女子英語学校に入学後、夏目漱石の弟子・森田草平の「閨秀文学会」に参加、森田と心中未遂事件を起こして有名になってしまう。

1911年、女性のための文芸誌『青鞜』を創刊。
1920年には市川房枝、奥むめおらの協力のもと『新婦人協会』を設立。

戦後も婦人解放運動の前線で活動を続けた。

 

※「若いツバメ」という言い回しは、彼女が共に暮らした洋画家・奥村博史のことをそう表現したことに始まる。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。「教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 哲学・思想
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高松塚古墳壁画、キトラ古墳壁画 019/365

1972年の大発見で、奈良県明日香村の高松塚古墳は有名になった。

祭器 012/365

いかに日本の為政者たちが気に入って使っていたかが伺える。

『東海道中膝栗毛』 185/365

作者は十返舎一九(じっぺんしゃいっく)。

蕎麦・うどん 286/365

うどんの伝播や名称にも諸説あり、確定的なものはない。

クジラ 176/365

日本はIWC(国際捕鯨委員会)から脱退し、商業捕鯨を続けている。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ