1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 哲学・思想

中江兆民 336/365

投稿日:2021年12月2日 更新日:

思想家、ジャーナリスト、政治家。

土佐藩士の子として生まれた彼は、岩倉使節団として渡仏、フランス語の塾を開き翻訳の仕事をした。

『東洋自由新聞』などの新聞を発行し、言論活動をするとともに1889年、衆議院議員選挙に立候補し当選するも、1891年に辞職。

彼は読みやすい文体で政治、経済、自由民権を語り、知識と行動の重要さを庶民に伝えた。

「告別式」は彼の友人たちがお別れの会として開いたのが起源とされる。

 

※衆議院を「無血虫の陳列場」と罵倒した。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。「教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 哲学・思想
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大宝律令(律令制) 093/365

「律」は刑法。
「令」は行政法にあたる。

平塚らいてう 350/365

戦後も婦人解放運動の前線で活動を続けた。

大正ロマン 355/365

自由闊達な雰囲気はやがて昭和ロマンへの受け継がれていく。

高村光雲と高村光太郎 341/365

父・高村光雲は仏師・彫刻家。

円山応挙 264/365

円山派の祖。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ