おんな城主 直虎

おんな城主 直虎第三十回「潰されざる者」

投稿日:

https://twitter.com/nhk_naotora/status/890916313945780224

これ、ですね。イーストウッド。

そうか、リメイクされたんですよね。

今川vs武田は切迫した状態になって来てますね。
徳川につくという選択をしつつ、今川による「井伊取り潰し」も躱(かわ)さなければいけない。でも「とりつぶす」には、その権利がないといけないわけで、領主は今川だ、という主張が通らないといけない。
今川を見限り、徳川と結ばんとしている井伊にとっては、「ええ、そうでしょうけども。」みたいな心境になって来てるんですね。

今回は夜、井戸で会っているおとわ(柴崎コウ)と鶴(高橋一生)。

そういうの、逢い引きって言いませんかね!?

さらに囲碁を打ちながら密議を重ね、もはや対局しなくても互いの心境を読み切れるくらいになっているww

それにつけても但馬(高橋一生)の勘働き、まるで「すべては井伊を守るために」やっているように見えるではないですか。直虎(柴崎コウ)だけがそれを知っている、という風に。こじれながらも、亀(直親・三浦春馬)と三人の絆を守ろうとしているかのように。でも結局、最後は小野但馬守政次は、直虎の味方ではいられなくなる。

 

ちょっとだけセリフで、気になるところがあったりして…。

「考えるいとまをください!」と直虎は嘆願しました。

ください、なんていう、今風な表現を用いるのに、何度も出てくる

「うむ!」

にはやっぱり違和感があるなぁ。

「徳政令を望まんに!」

百姓らが、徳政令を出さないでくれと直訴にくるという展開。
機転と善政を民が感謝しているという描写ですね。
気賀が井伊の領地であり莫大な財を蓄えることができるなら、徳政令などは出す必要がないようにも思えますが、どうなんでしょう。少し前とは、状況が違うんですから。

そして抜刀する但馬。

次回、ものすごく展開しそうですね。







-おんな城主 直虎
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

材木を抱いて飛べ

おんな城主 直虎第二十五回「材木を抱いて飛べ」

その正体は、ここにあります。

おんな城主 直虎第二十九回「女たちの挽歌」

おんな城主 直虎第二十九回「女たちの挽歌」

「挽歌」というのは、「挽く時の歌」。死者を葬る際、棺(ひつぎ)を担ぐ人が、葬送のために歌う歌、のことを指すそうです。

おんな城主 直虎第三十四回「隠し砦の龍雲丸」

おんな城主 直虎第三十四回「隠し砦の龍雲丸」

白黒を
つけむと君を
ひとり待つ
あまつたう日ぞ
楽しからずや

おんな城主 直虎第三十五回「蘇えりし者たち」

おんな城主 直虎第三十五回「蘇えりし者たち」

堀河城から逃げたあと捕えられた約700人(ほぼ農民)も、しっかり徳川の手によって首をはねられています。

おんな城主 直虎第十四回「徳政令の行方」

苦しいところですね。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ