1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 伝統・文化

飛脚 335/365

投稿日:2021年12月1日 更新日:

信書、金銀、小貨物などを輸送する脚夫。

公用の「継飛脚」、諸大名が利用する「大名飛脚」の他に、民間業者が運営する「定飛脚」「順番飛脚」「三度飛脚」などがあった。

公用の継飛脚には、夜間の関所を通過できたり、大名行列を横切っても良い、などの特権が与えられていた。

明治に入り郵便制度が確立されると飛脚は衰退したが、脚夫たちは郵便局員や人力車の車夫になったという。

 

※江戸〜京都を3日で走破するほどの飛脚がいた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然/歴史/文学/科学・技術/芸術/伝統・文化/哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365個の知識を得る。知ってるようで知らなかったことを、全く知らなかったこと一緒に初めて驚きつつ知り、ああそうなのかへぇ〜と、メモを残すように書くことを1年間続ける修行。「365ページある本を読んだッ!」という事実が残るだけでも価値はゼロではないはず。「教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいと思う。そんなところにこだわってはいけない、知識はまず、基礎の基礎だから。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 伝統・文化
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本刀 109/365

「折れず・曲がらず・切れる」の三拍子を揃えている。

『本草和名』 095/365

本草とは「自然由来のもの」といった意味である。

『雨月物語』 171/365

作者は上田秋成(うえだあきなり)。

ノーベル文学賞受賞者 360/365

2018年、その選考過程が明らかになった。

発酵 081/365

醤油・みりん・味噌・酢などは和食には欠かせない。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ