1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

宮沢賢治 311/365

投稿日:2021年11月7日 更新日:

国民的作家として作品と共にその名が知られているが、生前にはまったくの無名と言ってよいほどだった。

『妙法蓮華経』の「如来寿量品」に感動し、1921年には棚から落ちた「日蓮上人御遺文」が背中に当たったことをお告げと感じ、家で同然に上京した。

1924年、『春と修羅』『イーハトヴ童話 注文の多い料理店』を刊行。
売れなかったが、一部の詩人の目に留まり、草野新平主催の『銅鑼』の同人となった。

 

※「イーハトーヴ」は「モリーオ」「ハームキヤ」などと共に、彼が実在の地名をモチーフに考え出した、架空の理想郷である。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

島崎藤村 248/365

帰京したのちに『破戒』を自費出版。

古都(奈良・京都) 281/365

江戸が中心になる前、日本の政治的・文化的中心は奈良・京都であった。

花火 216/365

1242年に黒色火薬が発明され、ヨーロッパに広まった。

平等院鳳凰堂 082 /365

京都府宇治市。

行基 086/365

元正天皇は行基を「小僧(しょうそう)」と非難した。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ