1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

宮沢賢治 311/365

投稿日:2021年11月7日 更新日:

国民的作家として作品と共にその名が知られているが、生前にはまったくの無名と言ってよいほどだった。

『妙法蓮華経』の「如来寿量品」に感動し、1921年には棚から落ちた「日蓮上人御遺文」が背中に当たったことをお告げと感じ、家で同然に上京した。

1924年、『春と修羅』『イーハトヴ童話 注文の多い料理店』を刊行。
売れなかったが、一部の詩人の目に留まり、草野新平主催の『銅鑼』の同人となった。

 

※「イーハトーヴ」は「モリーオ」「ハームキヤ」などと共に、彼が実在の地名をモチーフに考え出した、架空の理想郷である。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

西郷隆盛 310/365

勝海舟との会談により無血開城を実現させるなど、時代の変化に柔軟かつ大胆に対応した。

高松塚古墳壁画、キトラ古墳壁画 019/365

1972年の大発見で、奈良県明日香村の高松塚古墳は有名になった。

方言 321/365

一定の地域でのみ使われる独自の言葉。

仮名(平仮名・片仮名)314/365

これが「かな」の語源である。

水戸学 301/365

水府学とも言う。

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ