1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

三島由紀夫 353/365

投稿日:2021年12月19日 更新日:

昭和元年生まれで、満年齢が昭和の年数が一致していたことから、昭和を象徴する人物としても語られることが多い作家。

16歳の時に書いた小説がきっかけで「三島由紀夫」を名乗ることになる。
大蔵省銀行局に進むが1年で退職。

彼の作品は人気を得て、テレビドラマや映画に翻案されることも多かった。

1960年の安保闘争がきっかけとなり、日本の伝統に執着する言動が増えた。
自衛隊への体験入隊も繰り返した。
「楯の会」を結成し、1970年11月、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を拘束。
演説のあと、割腹自殺した。

 

※召集令状を受け勇んで遺書まで書いていたが、気管支炎で不合格となっていた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。「教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『枕草子』 073/365

清少納言による随筆文学。

稲荷神 147/365

京都の伏見稲荷大社を総本宮とし、全国で祀られる。

自然災害 302/365

自然からの恩恵の裏返しとも言える。

与謝野晶子 255/365

生涯に記した短歌は5万首とも言われる。

樋口一葉 227/365

『大つごもり』『たけくらべ』『にごりえ』など、1894年からの集中的な作品発表期は「奇跡の14カ月」と呼ばれる。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ