1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 伝統・文化

伝統野菜 307/365

投稿日:2021年11月3日 更新日:

地方野菜とも言う。

それぞれの地域の風土や生活と密接に結びつき生産されてきた。
風味だけでなく、形も独特に発展してきたものも多い。

効率的な生産法や品種改良が進み、1960年代半ばごろからは生産量が激減した。
大根やカブ、ネギなど、特色を生かした作物が全国にある。

 

※地方活性化の起爆剤として、中小規模の農家の関心も高まっている。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 伝統・文化
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『農業全書』 172/365

日本では江戸時代に、農業生産の技術革新が起こった。

横山大観 327/365

「大観」の名は京都での教員時代に、酒席で思いついたという。

古都(奈良・京都) 281/365

江戸が中心になる前、日本の政治的・文化的中心は奈良・京都であった。

伊藤若冲 257/365

「若冲」という名前には「充実したものは空っぽに見える」という意味があるという。

中島敦 332/365

彼の作品がのちの文学に与えた影響は大きい。

徳ちゃんねる

徳ちゃんねる

■TRANSLATE

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■newアルバム「ATLAS」

■newアルバム「ATLAS」

master of none

master of none

DUPING DELIGHT」

DUPING DELIGHT」

BE LIKE HIM

BE LIKE HIM

■ANNIHILATION(YouTube)↓

★GOLDEN RULES★(24時間稼働中)↓

★GOLDEN RULES★(24時間稼働中)↓



afbロゴ