1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

戦闘機・戦艦 340/365

投稿日:2021年12月6日 更新日:

明治以来、積み上げてきた日本の技術力が、太平洋戦争にも投入され、世界を驚かせた。

堀越二郎・曽根嘉年らの設計による戦闘機「零戦」は米英に恐れられた。

戦艦「大和」も史上最大の排水量を誇り、世界最強と謳われた。

ともに技術力は高かったが、原料や工作機械の輸入が滞り、整備するための熟練工も戦闘に駆り出されて戦死し、その技術を保持することができなかった。

 

※世界初の新造空母は日本の「鳳翔」だった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。「教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

保元・平治の乱 142/365

平氏と源氏も、親子・親族入り乱れての戦いになった。

源頼朝(源氏) 156/365

清和源氏のうち、河内国を拠点にした河内源氏の7代目に当たる。

俵屋宗達 229/365

帝から屏風の発注を受け、町絵師としては破格の「法橋」の位が与えられた。

『徒然草』122/365

吉田兼好(兼好法師)の随筆集。

妖怪 363/365

中世に絵巻や御伽草子が登場し、妖怪の姿は絵として残されるようになった。 民俗学者の柳田國男は妖怪を、信仰が衰えて零落した神だと唱えた。 特定の人を選んで現れるではなく、出現の場所や時間が一定しているの …

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ