1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

『蟹工船』(プロレタリア文学) 297/365

投稿日:2021年10月24日 更新日:

蟹工船 Audible版

小牧近江などによるプロレタリア文学運動は1921年の雑誌『種蒔く人』創刊に始まるとされる。

『種蒔く人』廃刊後は『文芸戦線』に作家たちは再結集し、そこから社会民主主義系と共産主義系という、当時の政治的な対立に組み込まれて分裂していった。

1928年にそれらは合体を果たし、全日本無産者芸術連盟(ナップ)を結成。
機関紙『戦旗』に掲載されたのが、小林多喜二の『蟹工船』である。

 

※小林が不敬罪で逮捕された『蟹工船』内の記述だが、特定の人物を設定していない作品だけに、誰のセリフかも判然としない。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『古今和歌集』 038/365

全20巻。

香道 104/365

香炉は一人「三息」である。

端午の節句 041/365

端午の節句 染錦 鯉のぼり 大将   平安時代には、端午の節句に天皇が武徳殿からお出ましになり、臣下と共に宴を催し、弓を射る「端午の節会」が行われていた。 江戸時代になり、菖蒲で邪気を払う風 …

酒造 032/365

縄文式竪穴から酒坑が見つかっている。

『太平記』 129/365

作者・成立年、ともに不詳。

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「DUPING DELIGHT」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ