1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

『蟹工船』(プロレタリア文学) 297/365

投稿日:2021年10月24日 更新日:

蟹工船 Audible版

小牧近江などによるプロレタリア文学運動は1921年の雑誌『種蒔く人』創刊に始まるとされる。

『種蒔く人』廃刊後は『文芸戦線』に作家たちは再結集し、そこから社会民主主義系と共産主義系という、当時の政治的な対立に組み込まれて分裂していった。

1928年にそれらは合体を果たし、全日本無産者芸術連盟(ナップ)を結成。
機関紙『戦旗』に掲載されたのが、小林多喜二の『蟹工船』である。

 

※小林が不敬罪で逮捕された『蟹工船』内の記述だが、特定の人物を設定していない作品だけに、誰のセリフかも判然としない。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得る。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて驚きつつ知り、ああそうなのか〜なんて言いながら、ほんの少しだけメモのように書くことを1年間続ける修行。「ああ、365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。教養が身につくかどうか」なんてどうでもいいんです。そこに拘ってはいけない、基礎の基礎。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

西郷隆盛 310/365

勝海舟との会談により無血開城を実現させるなど、時代の変化に柔軟かつ大胆に対応した。

吉野ヶ里遺跡(弥生時代) 030/365

3世紀ごろをピークに、1,200人が暮らしていたと推定される。

蒔絵と螺鈿 054/365

蒔絵(まきえ)と螺鈿(らでん)。

照葉樹林 120/365

太陽の光を受けると葉が輝いて見えることからこの名で呼ばれる。

空海 112/365

密教を完全な形で日本に伝えた。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ