「 哲学 」 一覧

ヒンドゥー教の叙事詩 322/365

「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」がある。

分析哲学 321/365

英語圏とスカンディナビア語圏を中心に、哲学研究では主流となっている。

シェーンベルクの『月に憑かれたピエロ』 320/365

初演は1912年のベルリンだったが、聴衆からは大きな非難があったという。

ピタゴラスの定理 319/365

ピタゴラスはギリシャで、数字を崇拝する教団を率いていた。

パブロ・ピカソ 318/365

遺言さえなかった。

ロマン主義 317/365

伝統と因習を否定し、個人の自由を優先させた。

ホロコースト 316/365

アウシュビッツで勤務していたナチ親衛隊は7,000人にのぼるが、このうち、裁判にかけられたのはわずか800人だったと言われている。

カルマ 315/365

カルマには「プラーラブダ・カルマ」「サンチタ・カルマ」「アーガミ・カルマ」がある。

実存主義 314/365

フランスの哲学者たちの思想を説明するために作られた用語である。

新ウィーン楽派 313/365

師匠であるアルノルト・シェーンベルグと2人の弟子によって、ウィーンを中心に始まった音楽活動。

円周率 312/365

円周率には、人を惹きつける魅力がある。

キュビズム 311/365

ブラックとパブロ・ピカソは、主としてフォルムを分解することに関心を寄せた。

『これは世界に宛てた私の手紙』 310/365

ディキンソンは1700編以上の詩を書いたが、生前に発表したのは、そのうちのわずか7編だった。

アドルフ・ヒトラー 309/365

今もその頭蓋骨は、モスクワの政府庁舎に保管されている。

禅宗 308/365

瞑想は9年にも及び、禅宗の礎となった。

美学 307/365

美しいものが芸術か?
では夕焼けや風景、日常にある美しいものも芸術なのか?

調性と無調性 306/365

ポップスやニューミュージックのほとんどすべては、調性音楽の部類に入る。

素数 305/365

2018年12月の時点で「素数として確認された最大の数」は、24,862,048桁の長さを誇る。 素数は、1よりも大きく、1とその数自身でしか割り切れない数のことを言う。 素数の数は無限である。 この …

グッゲンハイム美術館 304/365

設計は、すでに名声を得ていたフランク・ロイド・ライトに託された。

メタフィクション 303/365

「メタ」とは、ギリシャ語で「後の」「超越した」を意味する接頭語である。

スペイン内戦 302/365

犠牲者の数は100万人を超えたと言われる。

四諦八正道 301/365

四つの真理

マルティン・ハイデッガー 300/365

彼は「技術(世界を私たちが自由に使える資源と見なす考え方)」に対し、極めて批判的だった。

印象主義のクロード・ドビュッシーとモーリス・ラヴェル 299/365

二人は疎遠になった。

実数 298/365

古代エジプト人は、紀元前1000年頃から、分数を使っていたという。

アンリ・マティス 297/365

マティスは、フォーヴィズムの生みの親の一人に数えられる。

オスカー・ワイルド 296/365

税関職員に、「私が申告するものは、我が才能のみだ」と告げたという。

ウィンストン・チャーチル 295/365

ノルマンディー上陸作戦で形勢不利をひっくり返し、彼は英雄になった。

ブッダ 294/365

彼は80歳まで生き、自分の教えを広めた。

現象学 293/365

エトムント・フッサールが提唱した。

グスタフ・マーラー 292/365

彼が指揮した数年後に、世界的な名声を獲得したオーケストラは多い。

アイザック・ニュートン 291/365

結果の伴わない錬金術の実験のせいか、彼の遺体からは大量の水銀が見つかった。

『叫び』 290/365

中央の人物はムンク本人である。

『ゴドーを待ちながら』 289/365

不条理演劇の嚆矢とされる。

ヴェルサイユ条約 288/365

ヴェルサイユ条約は、1919年、宮殿の「鏡の間」で調印された。

天使ガブリエル 287/365

聖母マリアの前に現れて、イエスを身篭っていると告げるのもガブリエルだ。

プラグマティズム 286/365

プラグマティズムは、チャールズ・サンダーズ・パース、ウィリアム・ジェイムズ、ジョン・デューイの三人によって創始された哲学思想である。

アントニーン・ドヴォルザーク 285/365

彼が他の作曲家と違うところは、各地の民謡の旋律を熱心に取り入れているところだ。

光化学 284/365

光は、光子と呼ばれるエネルギーの塊である。

表現主義 283/365

自然主義を意図的に拒否した芸術家たちによって始められた運動。

『ボヴァリー夫人』 282/365

ギュスターヴ・フローベールの問題作。

ウラジミール・レーニン 281/365

レーニンの遺体は防腐処理され、モスクワ中心部の霊廟に安置された。
今も、そこにある。

ジハード 280/365

ジハードにはそもそも、よりよいイスラム教徒になるための内面的な奮闘や、書物や説教や学問を通じて悪と戦う奮闘が含まれる。

モダリティ 279/365

もし神が存在するとしたら、それは必然的に存在するのか?

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー 278/365

彼ははじめ、祖国であるロシアでは評価されなかった。

物質の状態 277/365

物質の状態には固体、液体、気体の3つがある。

『グランド・ジャット島』 276/365

彼は構想から完成まで、59枚もの素描を描いた。

アンドリュー・カーネギー 274/365

彼は引退後、巨額の寄付をして生きた。

マフディー 273/365

シーア派は、マフディーとは第12代のイマーム(868年生まれ)のことで、まだ死んでおらず、どこかでムハンマド・マフディーという名で今も生き続けているという。

フリードリヒ・ニーチェ 272/365

ニーチェは人々に、道徳的・科学的・美的価値を問いなおせと訴えた。

19世紀の民族主義 271/365

彼は楽譜で、通常のオーケストラに加えて、本物の大砲を使うように指示している。

化学結合 270/365

化学結合には「共有結合」「イオン結合」「金属結合」の三種類がある。

『ロリータ』 268/365

彼が英語で書いたこの物語は、アメリカでは出版社が見つからず、結局フランスで出版された。

エリザベス・ケイディ・スタントンと女性参政権運動 267/365

本格的に女性参政権運動が始まったのは1848年ごろだが、この当時、それを真剣に考えているアメリカ人は少なかった。

ガザーリー 266/365

ガザーリーは、彼らが宗教的な問題に答えるのに理性を使おうとしていることが、おかしいと考えたのだ。

カール・マルクス 265/365

それを実験した大規模な国家がソ連だったが、腐敗で自滅した。

ワーグナーの『ニーベルングの指輪』 264/365

全て演奏するには17時間近くかかる。

元素 263/365

金属・非金属・半金属に分けられる。

フィンセント・ファン・ゴッホ 262/365

彼は1890年、自分の胸を銃で撃ち、亡くなった。

フョードル・ドストエフスキー 261/365

皇帝の特赦によって死刑直前で赦された彼だが、精神的に消せない傷を残した。

オットー・フォン・ビスマルク 260/365

通称「鉄血宰相」。

ムアーウィヤ一世 259/365

ムアーウィヤ一世から始まるウマイヤ朝は661年〜750年まで続いた。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930