「 投稿者アーカイブ:徳田神也 」 一覧

イマヌエル・カント 237/365

「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」などで知られる、ドイツ最大の哲学者。

ヨハネス・ブラームス 236/365

彼の死は「ロマン派の時代の終わり」を告げるものだとさえ言われた。

虹 235/365

虹をくぐることはできない。

オーギュスト・ルノワール 234/365

「神々の楽園としての地上世界。それを私は描きたいのだ」とルノワールは言った。

『見えない人間』 233/365

彼は地下に潜り、自分の人生について書く。

エイブラハム・リンカーン 232/365

リンカーンは暗殺された。 南北戦争には勝利したが、その先の平和をその目で見ることはできなかった。 彼を暗殺したジョン・ウィルクス・ブースという男だ。 元イギリス首相トニー・ブレア氏の遠縁に当たるという …

シーア派とスンナ派 231/365

ムハンマドは、後継者をはっきりと指名し、決定しなかった。

意思の自由 230/365

決定論か、道徳的責任か。

ニッコロ・パガニーニとフランツ・リスト 229/365

二人とも演出に長け、女性を虜にした。

太陽と核融合 228/365

そして地球を、飲み込んでしまうだろう。

クロード・モネ 227/365

ジヴェルニーの彼の自宅には、今もたくさんの観光客が訪れる。

マルセル・プルースト 226/365

その後、多くの作家たちがその考えを深めることに挑戦している。

ジョン・ブラウン 225/365

彼の過激な行動は、結果的に南北戦争の火種となり、奴隷制は廃止になった。

シャリーア 224/365

それはシャリーアが、アッラーの定めたものだからだ。

悪の問題 223/365

神が全知全能で、完全なる善ならば、なぜこの世には悪がはびこっているのだろう。

摩擦力 221/365

摩擦力が小さいと、滑ってしまう。

『考える人』 220/365

膝よりも腕や頭、上体が前に出ているのはそのためである。

『荒地』 219/365

西洋で戦後に生まれた恐怖・人間疎外・幻滅のすべてが凝縮されている、と評される。

マシュー・ベリー提督提督の日本 218/365

ヨーロッパの国々は追いつかれるだけでなく、追い抜かれた。

イスラム教の五行 217/365

すべてのイスラム教に課せられる、5つの義務。五柱ともいう。

吉田佳史 1st SOLO LIVEであらたまる、凄腕ドラマーへの敬意。

私が言うんだから間違いないw、ちゃんと、ほんとにおもしろいのです。

因果関係 216/365

因果規則性説、および因果反事実説、どちらも欠陥がある。

ロベルト・シューマンとクララ・シューマン 215/365

ロベルトは病んでいた。

電池 214/365

電池は、正極、負極、電気活性物質、電解質の4つで出来ている。

オーギュスト・ロダン 213/365

「鼻のつぶれた男」は公的な展覧会では未完成の誹りをうけ、拒絶されたりもした。

ヘンリー・ジェイムズ 212/365

彼は心理小説の先駆者、と呼ばれている。

アンドルー・ジャクソン 211/365

第七代アメリカ合衆国大統領。

クルアーン 210/365

ムハンマドが天使ガブリエルからもたらされた口承物。

帰納法 209/365

過去の事実から、結論を推論する。

エクトル・ベルリオーズ 208/365

奇しくも第五楽章で表現したことが、現実になったように。

血液 207/365

成人男性で約5リットルの血液が血管を流れている。

ポール・セザンヌ 206/365

ピカソは彼を「私たち全員の父」と呼んで敬愛した。

チャールズ・ディケンズ 205/365

ディケンズは多作で知られる。

植民地主義 204/365

ベルギー領コンゴでは実に、1000万人が死ぬまで働かされた。

ムハンマド 203/365

ムハンマドの後継者をめぐる争いは、現代にまで及んでいる。

デヴィッド・ヒューム 202/365

この著作は、彼が死んだ後に出版されるように手配されていた。

フェーリクス・メンデルスゾーン 201/365

彼の指揮した演奏で、ヨーロッパでのバッハ再評価が始まったとさえ言われている。

睡眠 200/365

この時に、筋肉が再生すると言われる。

エドガー・ドガ 199/365

彼は自分の作品に対して批判的だった。

ウェルト・ホイットマン 198/365

1892年、最終的な決定版になった最後の改訂版は「臨終版」と呼ばれる。

アイルランドのジャガイモ飢饉 197/365

アイルランドからアメリカへの大量移民は、この飢饉がきっかけになった。

ジョセフ・スミスとモルモン教 196/365

アルコール、タバコ、コーヒー、お茶は禁じられている。

観念論 195/365

そこにある物は、私たちが意識しない時も、そこにある。

フランツ・シューベルト 194/365

彼はその短い生涯で、600曲以上を書いた。

概日リズム 193/365

それは視交叉上核にあると言われる。

『ホイッスラーの母』 192/365

この絵はアメリカの母親を讃えるために、郵便切手の図柄に採用された(1934年)。

『緋文字』 191/365

これは姦通(adultery)を示す、懲罰的な印だった。

ナポレオン・ボナパルト 190/365

彼はワーテルローで敗れ、セント・ヘレナ島へ流された。

コンスタンティヌス一世 189/365

「大帝」と称される。

ジョージ・バークリー 188/365

バークリーの観念論とは、この世に物質的なものは存在せず、すべては霊または魂など、精神にある概念や思想だけが存在するという考え方のことだ。

ロマン派の時代 187/365

旋律が最重要視され、そのためには形式すらも犠牲にされた。

電磁スペクトル 186/365

それに合わせて、人間の目は出来上がっている。

印象派 185/365

独自の芸術集団に対する蔑称として「印象派」という言葉は生まれた。

『選ばれなかった道』 184/365

この詩の作者ロバート・フロストは、見抜いていた。

トマス・ジェファソン 183/365

彼は自分の主張とは反するところではあったが、フランスからルイジアナを買い取った。

宗教改革 182/365

こうして、ヨーロッパ全土を巻き込み、大量虐殺さえ起こった宗教改革は始まった。

社会契約 181/365

支配者がどれほど暴君で専制的であっても、「自然状態」でいるよりはマシ、と考えた。

ベートーヴェンの『交響曲第九番「合唱付き」』 180/365

ベートーヴェンは「第九」を完成させた数年後に亡くなった。 これを書いたとき彼は、すでに何も聴こえなくなっていた。 あの繊細で軽快で、幸福感に満ち溢れたクライマックスを持つ「交響曲代食う番」は、聴力を失 …

幹細胞 179/365

成体細胞は体の多くの場所にあるが、胚性細胞ほど万能ではない。

ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー 178/365

彼は、近代の芸術運動の先駆けになったと評されている。

『白鯨』 177/365

白鯨が何を意味するのかは、今でも議論されている。

フランス革命 176/365

しかし、王政の時代よりも、多くの血が流れた。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031