若干雑感羅列集

【クロコダイル】人生の深淵・断罪したくない【ティアーズ】

投稿日:

クロコダイル・ティアーズ

 

酸いも甘いも

場末のスナックやバーで「生き字引」として常連客を翻弄するタイプのベテランママさん、苦労を重ねて「酸いも甘いも噛み分けた」然として若者の人生相談の相手になっていたりするが、そんな女性の苦労というのの中身はたいてい、ロクでもない男にポーッとなって一緒になった果ての離婚と、ロクでもない男にポーッとなって一緒になった果ての借金である。本人にとっては苦労と言えば苦労だろうが、そんなもので「人生の深淵」ヅラされてはかなわない。ただただそんな過去の失敗談で笑い話にしているならいいが、年齢を重ねただけで人生の真理に立ったような風情を出すのならそれは「あなた、いまだ艱難辛苦の途上なのでは?」と言いたくなる未熟な所作である。

 

ジャニーズ事務所とかの今後

会見そのものやその後に散見される反応などを鑑みるに、やはり「反省しましたので過去のことは水に」という態度では流せない巨大な禍根がそこにある。当然、メディアに出演している所属タレントは「その罪禍あってこそ」の存在だということになってしまい、それを無視できるのは盲目的に「推し」ている人か、嘘つきだけだろう。懲役3桁級の罪を背負うべき加害者が故人であることで、死人に口なし、どうやって被害者をそうだと同定するのかという問題も出てくる。本人が口に出さない限り、いくら疑惑が濃かろうと確かめようがないからだ。それでも、大半の所属タレントはそれについて知っていると考えるのが自然であり、どこかでなんらかの形で、自身の被害を併せて発表することでしか、断罪することが出来ないと思う。それをしない理由としてはもちろん、被害者イメージを持たれたくないという保身もあるだろうが、「断罪したくない」という恩人への思いもあるのだろう。ことほど左様に、チャイルドグルーミングは恐ろしいのである。

 

鰐の涙

雫井脩介・著「クロコダイル・ティアーズ」を読んだ。装丁画は粟津康成氏である。鰐の涙は、「Superficial sympathy」とも呼ばれる。つまり嘘泣きに代表されるような、感情的な表現で欺こうとする不誠実な様子をいう。ワニは獲物を捕らえて食べる時に涙を流すのだ、という伝説(伝聞)から来ている。慣用句としてシェイクスピアも使用する表現だったようだ。ストーリーの進行や舞台設定などは読んでもらいたいが、とにかく暁美(あきみ)、腹立つ。あと東子(はるこ)、腹立つ。この二人は姉妹なのだが、この二人に主観が移った時の彼女らの自分勝手な解釈と「不安を持つのは仕方がないしだからこそ何をしても許される」という思い上がりが「そんなに紙幅を割かないで」とすら感じてしまうほどに腹立たしい。彼女らがいないと物語が動かないことも確かなのだが、姉の東子の、「ちょっとタレントやライターとしてやってたんでメディア扱いにも慣れてます」的な人物設定がいけすかなくて絶妙で、ああいるいる、コミュニティFMでちょっと番組やってる程度でタレントか地元の名士ぶってるオバハン!!と数人の顔が浮かぶ。また鎌倉へ行きたくなったりもした。

 

 

 







-若干雑感羅列集
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

タクシーアイドルによる極刑の時間。

高校生だった。

焦りと沖縄と面白い人と店員にえらそうなやつと防弾チョッキとヅラと目的のないドライブ

それならわざわざ「チョッキ型」にする必要がない。

嘘つきの田舎暮らし、アバターの男らしさおよび自立への助言

だんだん「ボロが出る部分で笑いをとる」ということしかできなくなって崩壊する。

格好悪い修学旅行、荒井注には時間がない

秒針のスピードは平等だが、体感時間は決して平等ではない。

【後悔】人が握ったおにぎりと若くいる秘訣と嫌なことが続く【空耳アワー】

共に「1」だ。

徳ちゃんねる

徳ちゃんねる

■TRANSLATE


■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■newアルバム「ATLAS」

■newアルバム「ATLAS」

master of none

master of none

DUPING DELIGHT」

DUPING DELIGHT」

BE LIKE HIM

BE LIKE HIM

■ANNIHILATION(YouTube)↓

★GOLDEN RULES★(24時間稼働中)↓

★GOLDEN RULES★(24時間稼働中)↓


afbロゴ