1日1ページ、世界の教養365 視覚芸術

パブロ・ピカソ 318/365

ピカソとの日々

ピカソは神童だった。
父親は美術教師だったが、息子の才能を見抜いていた。

彼は第二次世界大戦中、ナチが占領するパリにいたが、その名声のおかげで、迫害はされなかった。

彼の創作エネルギーは、死ぬまで衰えなかった。
遺言さえなかった。
フランス政府は彼の作品の多くを相続税として徴収し、それを元手にしてピカソ美術館をパリに作った。

彼と、キュビスムの同志であるジョルジュ・ブラックは、古来から続いていきた美術の進む道を、完全に変えた。

 

キュビズム 311/365

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 視覚芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

観念論 195/365

そこにある物は、私たちが意識しない時も、そこにある。

意思の自由 230/365

決定論か、道徳的責任か。

生殖 172/365

そうでないと、すべてが滅んでしまう。

イスラム教の五行 217/365

すべてのイスラム教に課せられる、5つの義務。五柱ともいう。



書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031