1日1ページ、世界の教養365 哲学 宗教 文学 歴史 科学 視覚芸術 音楽

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

「アルファベット」から始まって「ゾロアスター教」で終わった1年でした。
この本に書いてあることを読み、覚えるのはぜんぜん無理でも「1度だけ脳内を通過させる」という気持ちで、毎日ブログにアップしてまいりました。

やっぱり学生時代にいい加減にしか勉強してこなかった悔いもあるし、世界史なんて知ってもしょうがないことだ…とアホのくせに切り捨ててきた部分も多々あって、知らないことばかりです。ほんとに、知らないことばかりです。

今後、やっぱり思い出すこともないだろうという内容や名前ももちろん、これだけあればたくさんあるんですけどこの本を、読まなかったら一生スルーしたままの言葉や出来事、人名がたくさんありました。そして世の中にはまだまだ、それがあるんですよね。

問題は続編です。

人名編

現代編

これらは来年、再来年をかけて読んでも更新はしないです。
もちろん知ってた方が豊かになるのが知識というものですし、「そんなものは自分の人生には必要ない」と言うのもすごく簡単なんですが、だいたい知らない分際で「必要かどうか」を判断できるわけがないので、あれってこの宇宙に600兆ある「やらない言い訳」なんですよね。もっと子供の頃に、それ(無知なやつの方がえらそうな態度であること)を知ったらな…といまさら思ったりもします。

「ふーん」と思いながら、このブログの1年を眺めてくれていた方々に、感謝は別にしないですけどおつかれさまでしたと言いたい。みなさまには一番めんどうな役割「更新」を担っていた私に、おつかれさまと思っていただきたい。

 

せっかくなのでこの「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365」、私が読んでいた現物を、1名様にプレゼントします。

住所・名前・電話番号・「くれ」という主旨を明記して、

post@standtheworld.netまでお知らせください。

ご応募が複数になったら抽選し、発表は発送にかえます。

 

今年(2019年)はどんな年でしたか。

私にとっては良い方たちとの出会いもあり、
その代わりウワーもー金輪際かかわりたくねー、な案件もできたりして、様々でした。
だけどおおむね、とても穏やかで良かったと思っています。
いくら静かに楽しく暮らしていても、ゴミは出ますからね。

2020年もよろしくお願いいたします。
そうそう、note、始めましたのでそちらも読んでみてください。

https://note.com/tokuda_shinya

 

 

さらに、「PAGES」というサイトで、
有料会員サロンがでなにか面白いことできたら良いな、とも思ってます。
500円/月額。

https://tokuda-shinya.pageful.app/

 

 

 

 

 

 

 

 







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学, 宗教, 文学, 歴史, 科学, 視覚芸術, 音楽
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

血液 207/365

成人男性で約5リットルの血液が血管を流れている。

『グレート・ギャッツビー』 079/365

彼はこのタイトルにするのに何ヶ月も悩んでいたという。

皇帝コンスタンティヌス一世 043/365

コンスタンティヌスのキリスト教への改宗・推進のきっかけは、「幻視体験」によるものだという。

マリー・キュリー 151/365

彼女は二度、ノーベル賞を受賞している。

使徒 126/365

この「岩」が何を指しているのか、いまだに議論がある。

書いてる人



2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031