1日1ページ、世界の教養365

『ヴィーナスの誕生』 066/365

ゴールデン☆ベスト

「ヴィーナスの誕生」の誕生は、暗黒の中世、キリスト教的世界と、それ以前の文化的豊穣(ギリシア・ローマ文化)との融合を図れないか、という試みから生まれた。

メディチ家は、「春(プリマヴェーラ)」・「パラスとケンタウロス」とともに、この「ヴィーナスの誕生」の政策をボッティチェリに依頼した。

ヴィーナスは、巨人族クロノスの父ウラノスの、海に投げ捨てられた男性器が起こした波の泡から生まれた。

ギリシア神話のこのおおらかな設定を、厳格で禁欲的なキリスト教絵画チックに描くことで、新しい文化を築いていこうとしたのかもしれない。

当のボッティチェリは、カリスマ的な修道士に心酔し、異文化に興味を持ってしまったことを後悔していたという。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

ジョージ・フレデリック・ヘンデル 096/365

彼のイギリスでの活躍には、ハノーファー選帝侯の存在が欠かせない。

ミルグラムの服従実験 088/365

そこに犠牲者がいたとしても、距離感さえあれば良心の呵責はありつつも、実行者となってしまう。

形式 054/365

モーツァルトもソナタ形式の名人。

重力 137/365

「宇宙酔い」は、それが原因で起こる。

※2019.05.15更新↓
書いてる人


Hulu


2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031