1日1ページ、世界の教養365

『ヴィーナスの誕生』 066/365

ゴールデン☆ベスト

「ヴィーナスの誕生」の誕生は、暗黒の中世、キリスト教的世界と、それ以前の文化的豊穣(ギリシア・ローマ文化)との融合を図れないか、という試みから生まれた。

メディチ家は、「春(プリマヴェーラ)」・「パラスとケンタウロス」とともに、この「ヴィーナスの誕生」の政策をボッティチェリに依頼した。

ヴィーナスは、巨人族クロノスの父ウラノスの、海に投げ捨てられた男性器が起こした波の泡から生まれた。

ギリシア神話のこのおおらかな設定を、厳格で禁欲的なキリスト教絵画チックに描くことで、新しい文化を築いていこうとしたのかもしれない。

当のボッティチェリは、カリスマ的な修道士に心酔し、異文化に興味を持ってしまったことを後悔していたという。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

地震 074/365

インドの神話によると、大地は四頭の象に支えられており、その象たちは大きな亀の甲羅の上に立っている。

ストア派 069/365

人間が持つ感情を排除し、正しい考えを持つことで行動や人生は正しく、幸福に向かっていく。

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

黒死病 078/365

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。

モダニズム 044/365

神がすべてを説明してくれると信じられていた時代から、世界にはわからないことだらけなのだ、という時代に進み、そのおかげで科学は発達してきた。

書いてる人


Hulu


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031