1日1ページ、世界の教養365 視覚芸術

ラスコー洞窟の壁画 003/365

 

 

アフリカとか、南米とかにあると思ったら、意外にフランスにある。

この壁画の意味や目的は今後も正確にわかることはないだろうが、「壁画に絵を描く」ことの意味が、現在の「絵を描く」とは根本的に異なっているのであろうことは、想像に難くない。

自分の目の前にあること、起こったことを、思い出して同じ形に似せて描くこと。

今や自然な行為とも言える「絵にする」が、その当時の人類にとって、どこまでの強い意味を持つのか。「呪術的な意味」と言う説明がされたりするが、ではその当時の人間にとって「呪術」とは何を叶え、何を為し、何を畏れさせたがゆえのものだったのか。

1万5000年〜1万7000年前、人類は絵を絵とも名付けず、呪術を呪術とも思わないまま、目の前の現実と、どう向き合えば楽になるかを、考えていたのではなかろうか。

「人生」という虚構はまだ生まれていなかっただろうけれど、どこかで「壁に描く虚構」が、逆に人類に、新しい影響を及ぼし始めたのかも知れない。

そして突然生まれる「天才」の存在に、おののき始めたきっかけだったのかも知れない。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 視覚芸術
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ポップアート 360/365

ポップアートは運動は「新リアリズム」「ネオ・ダダイズム」とも呼ばれる。

コープランドの『アラパチアの春』 348/365

彼の「アメリカ的牧歌」時代の代表曲である。

ビザンツ美術 038/365

キリスト教美術の中でも「イコン論争」はいまだにある。

プラグマティズム 286/365

プラグマティズムは、チャールズ・サンダーズ・パース、ウィリアム・ジェイムズ、ジョン・デューイの三人によって創始された哲学思想である。

タルムード 084/365

タルムードは、「ミシュナー」と「ゲマーラー」の2部で構成されている。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031