1日1ページ、世界の教養365 視覚芸術

クロード・モネ 227/365

[マスターピース コレクション] 折りたたみ傘/モネ 睡蓮 CSE-1461

モネの「睡蓮」ほど有名な絵はないだろう。

彼は「印象派」というネーミングの由来ともなった「印象、日の出」という作品を1872年に出展した。

1883年にはパリ北西にあるジヴェルニーに転居し、そこで庭を設計した。
この庭こそ、「睡蓮」など、晩年に数多く作品を残すことになるきっかけになる庭である。

彼は、できることなら目が見えないまま生まれてきて、突然目が見えるようになればよかった、と語った。そうすれば、世界を先入観なく見ることができるだろうに、と考えたのだ。

ジヴェルニーの彼の自宅には、今もたくさんの観光客が訪れる。

 

印象派 185/365

 

“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 視覚芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

最後の晩餐 140/365

イエスは、この晩餐の後、みずからにどんな運命が迫るのかを知っていた。

静電気 102/365

ベンジャミン・フランクリンはそこから、「避雷針」を考え出した。

幹細胞 179/365

成体細胞は体の多くの場所にあるが、胚性細胞ほど万能ではない。

ネフェルトイティの胸像 010/365

ドイツの皇太子に「すごい」と褒められたボルハルト博士が、「偽物です」と言い出せなくなって今に至る…然もありなん…。

ロゼッタ・ストーン 036/365

彼は20歳までにラテン語・ギリシア語・ヘブライ語・アムハラ語・サンスクリット語、アヴェスタ語・パフラヴィー語・アラビア語・シリア語・ペルシア語・中国語を習得していたという。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031