1日1ページ、世界の教養365 視覚芸術

『考える人』 220/365

愛龍社 考える人 お香立て AR-1391

ロダンはこの「考える人」を作るとき、ミケランジェロの「モーセ像(サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会)」と「ロレンツォ・デ・メディチ像(サン・ロレンツォ聖堂)」を念頭していたと言われる。

記念碑的傑作彫刻と呼ばれる本作は、フランス政府からの依頼で美術館の門扉に飾られる予定だった。その美術館建設計画は中止になった。

門扉の上列中央に設置されるはずだった「考える人」は、そのために、全体が前のめりになるように作られている。膝よりも腕や頭、上体が前に出ているのはそのためである。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 視覚芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

スパルタ対アテネー古代世界の覇権争い 015/365

圧倒的に勝った時代もあったが、勝ったら勝ったで空前の好景気が訪れ、貧富の差が治安を乱し、かつての厳しさがモットーだったスパルタらしさが失われ、弱体化に繋がっていってしまった。

『グレート・ギャッツビー』 079/365

彼はこのタイトルにするのに何ヶ月も悩んでいたという。

メンデルの遺伝学説 060/365

彼は庭を歩き回るうち、エンドウ豆の特徴に目をつけ、実験をした。

ヘンリー・パーセル 075/365

彼の作った曲は、王の戴冠式や、女王の葬儀でも使われた。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031