1日1ページ、世界の教養365 視覚芸術

『叫び』 290/365

ハイブリッドスリーブ エドヴァルド・ムンク「叫び」

作者であるエドヴァルト・ムンクはこう語っている。

私は友人ふたりと散歩に出かけていた。太陽は沈みかけていた。突然、空が血のように赤く染まった。私は疲れを感じて立ち止まり、フェンスに寄りかかった。青黒いフィヨルドと町の上空に、血と火災があった。私の友人たちは先に行ってしまい、私はそこに立ったまま、不安で震えていた。そして、無限の叫びが自然の中を通過していくのを感じた。

中央の人物はムンク本人である。
タイトルは「叫び」だが、叫んでいるのではなく、叫びが聞こえないように耳をふさいでいるのだ。

その空の赤さは、1883年に起きたインドネシアのクラタカウ火山の噴火が原因だったと、2003年の調査で明らかになった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 視覚芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

意思の自由 230/365

決定論か、道徳的責任か。

フランス革命 176/365

しかし、王政の時代よりも、多くの血が流れた。

19世紀の民族主義 271/365

彼は楽譜で、通常のオーケストラに加えて、本物の大砲を使うように指示している。

ナポレオン・ボナパルト 190/365

彼はワーテルローで敗れ、セント・ヘレナ島へ流された。

サルマン・ラシュディ 121/365

現在は無神論者だと言われている。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930