1日1ページ、世界の教養365

オーギュスト・ロダン 213/365

石膏像 S-214 鼻のつぶれた男首像(大) H.35cm

「考える人」で有名なロダンは、伝統から逸脱している、という批判も多く受けていた。

「鼻のつぶれた男」は公的な展覧会では未完成の誹りをうけ、拒絶されたりもした。

それでも、「青銅時代」は「本物の人体から型を取ったのではないか」と言われるほどの写実性で世間を驚かせ、フランス政府から大きな依頼を受け続けた。

装飾美術館の門扉を青銅で作って欲しいという依頼を受け、「地獄門」の制作に入り、180以上の人体像を鋳造したが、未完のまま人生を終えた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

善いサマリア人 119/365

イエスが弟子たちに求めた、愛の姿を語ったと言われている。

シャリーア 224/365

それはシャリーアが、アッラーの定めたものだからだ。

ロゼッタ・ストーン 036/365

彼は20歳までにラテン語・ギリシア語・ヘブライ語・アムハラ語・サンスクリット語、アヴェスタ語・パフラヴィー語・アラビア語・シリア語・ペルシア語・中国語を習得していたという。

『最後の晩餐』 080/365

ダヴィンチは、ユダの心理状態を描いた。

システィナ礼拝堂 115/365

彼はこの礼拝堂で、枢機卿が立つ位置の、真上に神が来るように綿密に計算して描いた。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031