1日1ページ、世界の教養365 視覚芸術

ビザンツ美術 038/365

NATIONALFLAG 国旗柄ファスナーホルダー ビザンツ帝国

首都・ビザンティウム(現在のイスタンブール)を中心に、東ローマ帝国はビザンツ帝国とも呼ばれた。

超・多神教だったローマ帝国は分裂し(こちらは崩壊)、キリスト教に全振りしたビザンツ王国は栄え、1453年の陥落まで、文化の中心であり続けた。

キリスト教美術の中でも「イコン論争」はいまだにある。
本質を表す目的だったはずの絵画・彫刻も、美術の域を超え、それ自体が崇拝の対象となった。

726年には偶像崇拝を禁止し、100年にわたって聖像破壊者(イコノクラスト)が多くの美術品を後世に残すチャンスをフイにした。

ビザンツ(byzantine)という単語は、「策を弄す」「狡猾」「ややこしくいりくんでいる」などの、否定的な意味を帯びることが多々あるという。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 視覚芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

最後の晩餐 140/365

イエスは、この晩餐の後、みずからにどんな運命が迫るのかを知っていた。

マルク・シャガール 332/365

シャガールは「すべての色は、隣の色と仲が良く、反対の色を愛するものです」と語った。

『闇の奥』 37/365

ジョーゼフ・コンラッドの小説。

ヨハネス・ブラームス 236/365

彼の死は「ロマン派の時代の終わり」を告げるものだとさえ言われた。

書いてる人



2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829