1日1ページ、世界の教養365 視覚芸術

マルク・シャガール 332/365

シャガール: 愛と追放

シャガールは「すべての色は、隣の色と仲が良く、反対の色を愛するものです」と語った。

彼は長じてからパリに住んでいたがロシアへ帰京していた際に第一次世界大戦が勃発し、パリに戻れなくなった。

彼は、ロシア革命後、ヴィテブスク地区の芸術員に指名されたが、他の画家と対立してしまい、モスクワで新国立カメルニー劇場の舞台美術を担当することになる。

第二次世界大戦勃発後は、ナチの手から逃れるためにアメリカに移住し、大戦後にパリに戻った。

晩年はステンドグラスの設計で名を馳せ、シカゴ美術館、国連本部など、多くの有名な場所のステンドグラスを手掛けた。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 視覚芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アルブレヒト・デューラー 094/365

彼の「騎士と死と悪魔」は、傑作銅版画として知られている。

『荒地』 219/365

西洋で戦後に生まれた恐怖・人間疎外・幻滅のすべてが凝縮されている、と評される。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

今年(2019年)はどんな年でしたか。

ホロコースト 316/365

アウシュビッツで勤務していたナチ親衛隊は7,000人にのぼるが、このうち、裁判にかけられたのはわずか800人だったと言われている。

アポマトックス・コートハウス 239/365

1865年4月9日の午後、南北戦争は終結した。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930