1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

『農業全書』 172/365

和本,農業全書1巻(全11巻)

著者は宮崎安貞。

日本では江戸時代に、農業生産の技術革新が起こった。
人口が増大し、巨大都市となっていく江戸の食料需要を満たすために、農作物の増産が図られた。

また、農民は年貢を納めればその残りは金銭に変えることができたため、農民たちにとっても技術革新はモチベーションになった。

『農業全書』は水戸光圀にも絶賛され、8代将軍・徳川吉宗も座右の書としたという。大ベストセラーとなり、明治の初期頃まで再販され続けた。

 

※この本の刊行をきっかけに、農村は商品経済へと巻き込まれざるを得なくなる。

 

農具 039/365

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

からくり人形 214/365

江戸初期、大阪でからくり芝居を興行した竹田近江が、からくりの普及を加速させた。

ひな祭り 027/365

9月9日の重陽の節句には「後(のち)の雛」を飾る風習もあったという。

河川の生き物 190/365

「川魚漁師」と呼ばれた淡水魚の専業漁師は、現在はほとんどいない。

儒教 091/365

孔子を祖とする思想。

正倉院宝物 047/365

校倉造(あぜくらづくり)。

■TRANSLATE



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓






afbロゴ