1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

染物 074/365

草木染め大全―染料植物から染色技法まですべてがわかる

 

日本には3〜5世紀に朝鮮半島や大陸から技術者が渡来し始め、6世紀半ばになって飛躍的に発展した。

縄文時代からあったと推定されるが、例えば「魏志倭人伝」にある倭からの魏への献上品である「斑布(はんぷ)、倭錦(やまとにしき)、絳青稴(こうせいけん)」などが、どんな染織品だったのかはまったく解明されていない。

染色技術は日本で独自の発展を遂げ、江戸時代に中期には友禅染の生産が始まった。

 

※冠や衣服で冠位を表した「冠位十二階」などは、染色技術の発達とその高さを表している。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『本草和名』 095/365

本草とは「自然由来のもの」といった意味である。

『小倉百人一首』 080/365

藤原定家による秀歌選。

『源氏物語絵巻』 089/365

作者不明。

天皇家 051/365

世界で最古の歴史を持つ家系。

『日本書紀』 017/365

『古事記』と合わせて「記紀」と呼ばれる歴史書。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930