1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

治水 088/365

洪水と水害をとらえなおす-自然観の転換と川との共生

海洋・河川に恵まれた日本では、治水そのものが、その土地を統治する上で重要だった。

治水は、水害から人民を守り、収穫高を上げるために必須のハイテク技術である。

古墳時代にはすでに治水工事跡が発達し始め、飛鳥時代にはダム式ため池が作られていた。

手法によって甲州流・美濃流・上方流などと呼ばれる。
江戸時代前期には関東流(伊奈流)がメインになり、後期には上方流が中心になった。

 

※現代の「首都圏外郭放水路」は地下50mを流れる、増水したぶんをトンネルを通じて江戸川へ流す仕組みである。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

祝詞 063/365

のりと。

花見 034/365

「観桜」とも言う。

大国主命(出雲大社) 035/365

出雲神話の最高神。

祭器 012/365

いかに日本の為政者たちが気に入って使っていたかが伺える。

曼荼羅 068/365

密教の真理をわかりやすく視覚化されたもの。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930