見たもの、思うこと。

ツタンカーメンの本当の読み方。

投稿日:2016年7月21日 更新日:

 

ツタンカーメン 黄金の秘宝

 

こないだ古代エジプトのことについて扱った特番を観ました。

~古代エジプト世紀の大発見プロジェクト~ツタンカーメンと伝説の王妃 3300年の新事実

http://www.tbs.co.jp/kodai-egypt/

 

あのツタンカーメンの黄金のマスクは、ツタンカーメン王の為に作られたのではない!という衝撃的な論文を元に構成されていました。

面白かったですね。
「王家の谷」を発掘し続けるイギリス始め、ヨーロッパ人のその執念。

その内容と古代の王家の確執を、全員日本人俳優が演じるという再現ドラマがありました。

それがメイン、と言ってもいいくらいでしたね。

ドラマ出演:
夏菜(ネフェルティティ役)
鈴木 福(ツタンカーメン役)
今野浩喜(アクナートン役)
宍戸 開(アイ役)

やっぱり古代エジプトなんで、その背景とか、習俗とか、完璧に再現することは最初から土台、不可能なんですよね。そんなことは最初からわかってるんです、だからこそのフィクションとして楽しまないと、ねえ。

で、割と酷評されてたりして。
まぁまぁ、いいじゃないの、と思いますけど。

例えばエジプトのテレビ局で、エジプト人が、古代の日本に興味を持って、エジプト人のあの濃いぃい相貌をもって

「わらわは卑弥呼なるぞ」

とか

「厩戸(うまやど)の皇子(みこ)のオナーリー」

とかやってる、というのを想像してみれば、微笑ましくも好演しているな、と思えてくるではないですか。

 

全てに、昔の角川映画「天と地」みたいなクオリティを求めるのはやめましょう。
想像力で埋めましょう。

 

4

我々はすぐ、

ツタンカーメンと聞くと

「ツタン・カーメン」みたいに読んでしまいます。

でも、なにせ古代のエジプトの言葉。
正確には、たぶん発音できないと考えるのが普通なんじゃないでしょうか。

アルファベット表記は

Tutankhamen

トゥトアンクアメン、という感じですね。

これは

Tut-ankh-amenと切るのが正確。

ということは

トゥト・アンク・アメン

が正しい。

 

ずいぶん印象変わりますね。

これは、
「アメンに似た姿」というような意味だそうで、「アメン」とは「ラー」、エジプトの太陽神ですね。

しかし、「ツタンカーメン」が骨身にまで染み込んでしまっているわれわれ日本人は、もう彼をトゥトアンクアメンとは呼べません。

 

あのロシアの街・「ウラジオストック」も、われわれはすぐに「ウラジオ・ストック」と呼んでしまいます。

なんだか食堂の厨房の奥に、調味料の買い置きがあるかのような。「裏塩・ストックある?」みたいな。

でも本当は、Владивосто́к
ヴラディ・ヴァストーク。

ヴラディは「支配する」、ヴァストークは「東」なんだそうです。

勝手にカタカナで構成を考えて、勝手に節で区切って読んでしまうのは、日本人の音感なんでしょうかね。

昔から「弁慶読み(ぎなた読み)」というのが得意だ、ということと、関係あるかも…。

 

 

 

 







-見たもの、思うこと。
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クリスマス

Merry X’mas!!

「イワシの頭も信心から」って言いますからねえ…。

第一作目の「ゴジラ」がめちゃくちゃ面白い件

宝田明がめちゃくちゃにカッコイイ。

ガイウス・ユリウス・カエサル

ヤット・コレカラ・ガイウス・ユリウス・カエサル

なんてマーニュスなんでしょうw

CMは馬鹿に向けて作れ!?だと!?

「網目を細かくして底からすくえ」っていう意味ですね。

東横線・日吉は懐かしくもあまり知らない街だった

先日、日吉へ行きました。 少しだけ日吉に住んでいたことがあります。 「普通部通り」を通って帰ってましたw   東京に一番近くて、でも東京ではない、便利な場所はどこだと。 しかも川崎ではなく横 …

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ